2005年 03月 16日
山暮らしは心臓に良いらしい?
山暮らしは健康と心臓に良い?
c0014453_1304012.jpg
先週テレビでたけしの特番で、世界の過酷な土地に住む人々のそれぞれの生活を放送してましたが、その中で南米のボリビアの富士山より高い標高の土地に住む人々がやってましたが、僕らみたいな軟弱な人間は酸素が薄い場所ですぐに高山病になって、呼吸するのも困難になるような所に平気で住んでいて、その土地その土地で住むためにいろんな生活の工夫がなされていて。
そういう過酷な場所で住むことによって、心臓が鍛えられ長生きするそうで。
でも、そういう所に行って住んでみたい気持ちはあっても、今住んでる日本のような何でもある暮らしに慣れてる僕らの生活。
過酷な土地に住むことができる人は、物欲がなく生きるために食べること、着るもの、住む所、衣食住に順応できないと暮らせないと思います。
今の現代社会に慣れてて、一つでも欠けたものがあったら生活できない人がほとんどのように思います。
電気やガスもない、情報もなく食べるものも限定されたものしか食べれない。
自分達で食物を荒れた土地を耕して、自給自足しないといけない。
火と水があるだけの生活。お金なんて要らない、必要ない世界。
それだけ文化、文明が遅れた生活をしろと言われて、すぐにはできないと思います。
そんな土地に住んだら、改めて生きるって何だろう?人生って何だろう?と
人間の根本がわかるように思います。悟りを開くことができるかも知れません。
自分ってなんてちっぽけな存在だろう?と。
いろんなしがらみだらけの現代社会。
でもそんな生活に憧れる今日この頃の僕です。
精神的に疲れてるのかな〜?
[PR]

by gohonngigoro | 2005-03-16 13:28 | その他 | Comments(0)


<< 日本の真ん中、岐阜県!?      まだ対抗策あるのか?日枝会長! >>