2005年 04月 10日
FLEETWOOD MAC / LINDSEY BUCKINGHAM
c0014453_1195886.jpg
フリートウッド・マックの「タンゴ・イン・ザ・ナイト」です。
1987年リリース。
FLEETWOOD MAC / TANGO IN THE NIGHT
01,BIG LOVE
02,SEVEN WONDERS
03,EVERYWHERE
04,CAROLINE
05,TANGO IN THE NIGHT
06,MYSTIFIED
07,LITTLE LIES
08,FAMILY MAN
09,WELCOME TO THE ROOM....SARA
10,ISN'T IT MIDNIGHT
11,WHEN I SEE YOU AGAIN
12,YOU AND I , PART II
僕のお気に入りは01,02,03,06,07,08,09,10,11です。
リンジー・バッキンガム(Vo,G)、スティービー・ニックス(Vo)、クリスティン・マクヴィー(Vo,Key)の3人でVoを歌い分けていて、それぞれの個性が融合しアルバムのバランスが取れた傑作アルバムです。




c0014453_1201039.jpg
もう1枚はリンジー・バッキンガムのソロアルバム
「アウト・オブ・ザ・クレイドル」です。
1992年リリース。
LINDSEY BUCKINGHAM / OUT OF THE CRADLE
01,INSTRUMENTAL INTRODUCTION TO
02,DON'T LOOK DOWN
03,WRONG
04,COUNTDOWN
05,ALL MY SORROWS
06,SOUL DRIFTER
07,INSTRUMENTAL INTRODUCTION TO
08,THIS IS THE TIME
09,YOU DO OR YOU DON'T
10,STREET OF DREAMS
11,SPOKEN INTRODUCTION TO
12,SURRENDER THE RAIN
13,DOING WHAT I CAN
14,TURN IT ON
15,THIS NEARLY WAS MINE
16,SAY WE'LL MEET AGAIN
僕のお気に入りは01,02,03,04,05,06,07,12,13,14,15,16です。
元々'87年に「TANGO IN THE NIGHT」を制作する前にソロアルバムを
作ろうと思っていたみたいで、「BIG LOVE」、「FAMILY MAN」はこの
アルバム用に作っていたそうです。
13,なんか「BIG LOVE」みたいだし。
リンジー・バッキンガムという人はギターのサウンド、センス、アプローチの
仕方が優れた人だと思います。大いに見習う所があります。
ある意味一人フリートウッド・マックみたいです。
大人のロックというか、良いポップセンスしてると思います。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-04-10 02:06 | 音楽全般 | Comments(0)


<< この前テレビを観ていたら      散髪 >>