2005年 04月 11日
ちょっと気になること
スーパーオーディオCD (SACD)って最近出てますが、
今までの規格のCDを僕は2000枚ほど持ってますが、
この先、普通のCDプレーヤーではなく、スーパーオーディオCDプレーヤーなるものに
なってしまうのでしょうか?
今までのCDは読まなくなるのでしょうか?
なんか心配になってきました。

20年近く前に発売されたCDとか、最近ではデジタル・リマスターとかで
再発売されてますが、その中でもSACDってやつは普通のCDプレーヤーで再生できるのでしょうか?

レコードの時代は5、60年ありましたが、CDが一般的に普及して20年ちょっとで、
音楽を聴くソフトが変わっていってしまうと、それまで集めたCDはこの先
いつまで聴けるのか?って思います。

時代の移り変わりが速くて着いて行けません。

独り言でした。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-04-11 00:43 | その他 | Comments(4)
Commented by tanatali3 at 2005-04-11 13:50
全然知りませんでした。
おそらく、今までのものと併用して聴けるものだとおもいます。
というのも、日本は別として、アメリカやヨーロッパは高級商品の普及が行き渡りにくく、安価になることがまず先決ですから。
Commented by gohonngigoro at 2005-04-11 18:06
なるほど。僕が生きてるうちはまだ普通のCD聴けるかもですね。
100年持つようなこと前にネットニュースで書いてありました。
Commented by sacd_review at 2005-04-12 22:40 x
はじめまして。
私はSACDに関するブログをやっております。

今回の記事についてですが、SACDは対応プレイヤーでないと再生できません。通常SACDプレイヤーはCDも再生できます。またソフトはCDとSACDが一枚になったハイブリッド盤が最近は主流です。

CDがなくなるかどうかはわかりませんね。クラシックやジャズではSACDのリリースが増えてきていますが、その他のジャンルではまだまだソフトの数は少ないので。
Commented by gohonngigoro at 2005-04-13 03:21
初めまして。五郎です。わざわざご親切にコメントありがとうございます。今の普通のCDプレーヤーだとSACDは再生できないんですね。
SACDプレーヤーなら今のCDとSACDは再生できると?
またsacd_reviewさんの所に伺わせてもらいます。


<< どこが受け入れるんだ!      40年位前の日本みたいですね。 >>