2005年 04月 29日
JEFF BECK / STRAY CATS

c0014453_2057551.jpg
Jeff Beck and the BIG TOWN PLAYBOYSの「Crazy Legs」です。
1993年リリース。
1950年代半ば、ジーン・ヴィンセント&ザ・ブルーキャップスのギタリスト、クリフ・ギャラップのトリビュート・アルバムです。
ジェフ・ベックが10代前半の頃、このクリフ・ギャラップのギターのように弾きたいと心躍らせた頃を思い出して、憧れのロカビリーギターを炸裂させてます。
こういう音楽を聴いて育ったんだと思うとジェフ・ベックのギターのルーツのように思えます。


c0014453_20572639.jpg
もう1枚はSTRAY CATSの「ORIGINAL COOL」です。
1993年リリース。
日本企画によるカバーアルバムです。
ブライアン・セッツァー(G&Vo)のルーツ・オブ・ロックンロールへの傾倒ぶりは頭が下がります。
エディ・コクラン、バディ・ホリー、ザ・クリケッツ、カール・パーキンス、ジーン・ヴィンセント、エルビス・プレスリー、チャック・ベリー等々、、、。

c0014453_21301074.jpg
あともう1枚、STRAY CATSのベストです。
このアルバムにジーン・ヴィンセントの「DOUBLE TALKIN' BABY」をカバーしたのが入ってるので、上のジェフ・ベックと聴き比べるのもおもしろいと思います。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-04-29 21:35 | 音楽全般 | Comments(2)
Commented by biturbo93 at 2005-05-02 01:24
五郎さん、こんばんは。レス・ポールやチャック・ベリーと言った
わりとロカビリー系をリスペクトしてますね、BECK大先生は。
ちなみにもうちょっと泥臭いところでコステロ先生もそちらの
音楽が大好きなので私も自然に少しずつ耳にする機会が
増えていきます。
ちなみにブライアン・セッツァーも大好きです。
単純にカッコイイですから、一時期グレッチにも憧れましたよ。
Commented by gohonngigoro at 2005-05-02 07:07
僕もブライアン・セッツァーはストレイ・キャッツの頃から好きなので、ブライアン・セッツァー・オーケストラも好きでCD全部持ってます。グレッチのギターほしいけど、まだ買えません。独特な音色ですもんね。テレキャスもほしい所です。元STUFFのGコーネル・デュプリーが使ってる。テレキャスはアタックの強い音で上手いか下手かすぐわかってしまうので。コステロは正直CD1枚も持ってません。余裕があったら聴いてみたいです。


<< ホーチミンでベトナム戦争終結3...      タチの悪い風邪で治りません。 >>