2005年 05月 04日
DEREK & THE DOMINOS
c0014453_0421114.jpg
DEREK & THE DOMINOSの「Layla And Other Assorted Love Songs」です。
1970年リリース。
久しぶりに聴きました。クラプトンがCream,Blind Faithのあとに出した、どっぷりブルースを堪能できる名盤です。
クラプトンはこの時、まだ20代半ばくらいだと思いますが、声も若いけど、ギターは良い感じに枯れた味わいで。ALLMAN BROTHERS BANDのデュアン・オールマンのスライドギターも良いです。

01,I LOOKED AWAY
02,BELL BOTTOM BLUES
03,KEEP ON GROWING
04,NOBODY KNOWS YOU WHEN YOU'RE DOWN AND OUT
05,I AM YOURS
06,ANYDAY
07,KEY TO THE HIGHWAY
08,TELL THE TRUTH
09,WHY DOES LOVE GOT TO BE SO SAD
10,HAVE YOU EVER LOVED A WOMAN
11,LITTLE WING
12,IT'S TOO LATE
13,LAYLA
14,THORN TREE IN THE GARDEN

僕は02,03,04,07,08,09,10,11,12,13がお気に入りです。
もう35年前なんですね。月日が経つのは早いです。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-05-04 01:04 | 音楽全般 | Comments(4)
Commented by tanatali3 at 2005-05-04 10:37 x
クラプトンそしてオールマンブラザース、懐かしいですね。
Commented by gohonngigoro at 2005-05-04 20:18
音楽は初めて聴いた頃を思い出すのと、その後何回も聴いてくと、年と共に聴く味わいが変わって行く気がします。
それがまた良い所です。昔を懐かしむのもよし、自分もいろんな人生経験してまた聴くもよし。
だから音楽は辞められません。(笑)
Commented by mmmisa2 at 2005-05-08 04:55
僕も4年に1回くらいこの30年で聴き続けている、名盤です。でも、疲れます。この他にもクリームのアルバムも、ギターのいい音が入っているものは良く聴きますが、一枚聴き終わると心地よい疲れがあります。いいのだけれども、1日に2度、3度は聴けないような。同じ感覚をマーティン・スコセッシの映画(グッドフェローズ、カジノなど)にも感じます。
Commented by gohonngigoro at 2005-05-08 18:14
聴きたい時に聴くのが一番いいですね。デレク&ドミノス聴いたら、オールマン・ブラザースバンドも聴きたくなって、最近聴いてます。
あとダニー・ハサウェイも。70年代の音楽、良いですよね。


<< JR西日本の社員教育      自己チューな奴 >>