2005年 05月 14日
QUEENSRYCHE
c0014453_1942497.jpg
QUEENSRYCHEの「EMPIRE」です。1990年リリース。
前作「OPERATION : MINDCRIME」('88リリース)の成功で勢いのついたQUEENSRYCHEが自信を持って作ったアルバムが、この「EMPIRE」です。
音的には、前作の延長線みたいですが、バンドの個性にピンク・フロイドとRUSHの影響を受けた雰囲気があります。
前作はコンセプトアルバムで曲間がSEみたいなのが入って、繋がってるみたいでしたが、今回は1曲1曲が独立してます。
バンドも上手くそういう所を出してると思います。



01,BEST I CAN
02,THE THIN LINE
03,JET CITY WOMAN
04,DELLA BROWN
05,ANOTHER RAINY NIGHT ( WITHOUT YOU )
06,EMPIRE
07,RESISTANCE
08,SILENT LUCIDITY
09,HAND ON HEART
10,ONE AND ONLY
11,ANYDODY LISTENING ?

プロデュースは前作同様ピーター・コリンズです。前作は低音があまり出てなかったようですが、今作はちゃんと低音出てます。
ピーター・コリンズのプロデュースは過去にゲイリー・ムーア(RUN FOR COVER)'85や最近ではブライアン・セッツァー・オーケストラと許容範囲は広い人だと思います。
アルバム発売当時、来日コンサートも観に行きました。
ツインギターバンドなので、限りなくアルバムの曲を忠実に再現してました。
ただ「EMPIRE」はキーボードの音入ってたので、陰でキーボード弾いてたか?テープ流してたかも知れませんが。
良いアルバムです。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-05-14 20:06 | 音楽全般 | Comments(0)


<< 思い出の人      エロゲームの影響!? >>