2012年 05月 07日
GW 2012
今年のGWは5,6日と2日間だけでした。
東京世田谷の病院に入院してるおかあ(79歳)の見舞いに行って来ました。
正月に行った以来でした。
去年の11月に入院して以来、点滴、鼻から胃に管を入れて流動食だけで半年経ちました。
口から食べてないので、舌が弱ってしまってます。
それまで自宅に介護ヘルパーさんに朝昼夕方と来てもらって、食事や薬飲ませてもらったりしてたんですが、10月下旬にヘルパーさんがひどい風邪をひいてるのに介護に来て、おかあはヘルパーさんから風邪を移されて、食事が出来なくなって脱水症状になって11月に入院しました。
いつまでもつのか?心配でしたが、あれよあれよと5月になりました。
5日の朝、僕は寝ずに車運転して東京のおかあのマンションに着いて、少し寝てから兄貴と二人でおかあの見舞いに行きました。
2月に病院を転院して、前より近くになりました。
おかあは顔色は良かったですが、身体は大分痩せてさらに小さくなりました。
話しかけたら、僕が来たのわかってくれました。
もう話せないので、質問形で話して、おかあが首を縦か横に振ることでしか意思の疎通が出来ません。
僕はウェットティッシュで顔を拭いてやったり、くしで髪の毛を梳いてやりました。
「気持ちいい?」と聞くと、おかあは「うん」と首を振りました。
兄貴もおかあがベッドで寝たきりなので、腕や足をストレッチしてやりました。
おかあも話せないので、長居出来ないので、「また明日来るね」と言って帰りました。

夜は兄貴夫婦と三人で南烏山の焼肉屋に焼肉食べに行きました。
久しぶり旨い肉食べました。

6日の昼過ぎにまた兄貴と二人でおかあの見舞い行く前に昼ごはん食べに南烏山のラーメン屋に行きました。
とんこつ醤油のこってりラーメンで美味しかったです。
兄貴が、たばこを1カートンと、洗濯洗剤や日用品を買ってくれました。
僕の車で兄貴が運転してガソリン満タン入れてくれて。
その後おかあの見舞い行って、おかあの容態も昨日と変わらずでした。
今月半ばに別の病院で胃に穴開けて、管を付ける手術をするそうです。
手術したら一週間くらいでまた今の病院に戻れるみたいです。
今は鼻から胃に管を付けた状態なので、おかあもうっとうしいみたいで、手で外してしまうので、両手に手袋はめさせられてるので、胃に管付けたら今より楽になると思います。
帰り際、僕は「またお盆に来るから」と言ったら、「うん」とうなずきました。
僕は泣きそうになりました。
いつまで生きて会えるか?わからないので。
病院を出て、おかあのマンションに戻る時も、兄貴が米、そば、うどん、パスタ、めんつゆやらいろいろ買ってくれました。
兄貴には頭上がらないです。
僕が東京に住んでた頃、西伊豆に住んでたおとうおかあがよくみかん箱に米、パスタ、缶詰とかいっぱい詰めたのを送ってくれました。
おかあはおとうに内緒でみかん箱の底に小遣いもこっそり入れてくれてたのを思い出しました。
おかあがよくそうしてくれたのが、今度は兄貴がいろいろしてくれます。
兄貴に感謝です。
男兄弟で礼を言うのは照れくさいですが、マンション出る時、兄貴に「いろいろすいません」と言いました。
七つ年上の兄貴は、僕がギターを始めたきっかけを作ってくれました。
年を取っても、兄貴と弟の絆って、良いもんだなぁと思います。

岐阜の大垣から東京の往復800km、車での移動は大変ですが、おかあに会いに行くのは全然苦ではないです。
おかあも一生懸命生きてます。
僕もがんばろう!
お盆に行く時も元気で待っててほしいです。

帰りの東名富士川SAで見た富士山、きれいでした。
c0014453_115162.jpg
c0014453_105557.jpg

[PR]

by gohonngigoro | 2012-05-07 01:02 | Comments(1)
Commented by ゆうさん at 2012-05-08 09:57 x
五郎さんのブログ読むといつも自分も頑張らなきゃって考えさせられます。 何でも一生懸命やらなきゃ駄目ですね、反省です。

お母さん、五郎さん似ですね。 あっ、逆ですね(笑)


<< ライブ告知      伊藤広規&マーティー・ブレイシ... >>