2005年 05月 27日
ブログ
ブログを始めて思うんですが、ほぼ毎日更新してますが、
そうそう毎日楽しいことがあるわけではないので、
時には嫌なことや身内の不幸やいろんなことがあると思います。
自分にもいつ何時、何が起こるかわかりません。
そう思うと、ブログはある意味遺言にも成り得るんじゃないか?と
思ったりします。
エキサイトのサーバーがダウンして、書いてあることが消えない限り。
ブログはほんと最近みんなやってるので、これはいつまで続くのか?
わかりませんが。。。
僕はブログで書ける範囲で今自分が思う事、自分のことも含めて、
赤裸々に書いていこうと思います。

きょうふと思いました。

フィリピンの山中に旧日本兵2人が生存のニュースを見て、そう思ったのかも知れません。もしも自分だったら?と。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-05-27 07:06 | その他 | Comments(4)
Commented by kaoru_oishi at 2005-05-27 08:58
「赤裸々」という言葉に反応しました(笑)子供の頃、長いこと読み方を知らないまま使ってましたので(爆)
ブログって、かる〜いようで、結構、奥が深いもんですよね。
でも。ブログのオーナーがブログについてどのように考えていても、きむらを含む第3者には投稿とイメージ以外のものは見えてきません(ま「投稿数が多いな」とか「トラバが好きみたいだな」とかいう感想は持つでしょうが(笑))
だから、きむらはいつも自分では「生身と生身の人間関係が一番、ブログはその次」と思うことにしています。そうしないと、生活のバランスがうまく取れなくなりそうで(笑)そして「万が一のブログの管理」については、きむらには全てを託せる親友がいますんで、自分に何かあったら、その人が処理をしてくれると信じてます。
あんまりコンピューターの前に座ってると、おシリにも悪いですから、ブログもほどほどが一番ですよ〜(← by経験者(爆))
Commented by gohonngigoro at 2005-05-27 21:25
ご心配どうもです。
生身の人間同士でコミュニケーション取る方がやはり人間的には僕もいいです。ブログは時代の賜物みたいで、虚構みたいですもんね。そういう時代なんだと実感してます。
でも僕は正直ものなので、素直に書いてしまいます。時には書かなくていいことも書く場合もあります。
コンピューター上だけの付き合いだから、どこまで本音で語り合ったらいいのか?のさじ加減が微妙です。
ほどほどに書きます。(苦笑)
僕は万が一の時は託せる人がいません。
Commented by DrKrain at 2005-05-31 00:14
書きたいこと、伝えたいことを書く。
コレがブログの醍醐味です!
無責任で結構ではないですか!
プロの書き手ではないので、そうそう気張らずに自由に使ってイイんじゃないかと思いますけど。
Commented by gohonngigoro at 2005-05-31 08:19
Krainさん、そうですね。ありがとうございます。
最近精神的肉体的に疲れてるので、ネガティブシンキングになってます。(苦笑)


<< 新・悪名(1962)!?      計算ずく!? >>