2005年 05月 30日
久しぶりに兄貴と電話で話しました。
一昨日、久しぶりに東京にいる兄貴と電話で話しました。
普段そんなにしゃべらないんですが、来月12日におとうの三回忌法要があるので、
その件について。
携帯からのメールはたまにするんですが、電話で話すのは滅多にありません。
兄貴も忙しいのもありますが。
前回のおとう一周忌の時は兄貴の長男(今、高2)は来れなくて、今回は来るそうで。
兄貴の子供だけあって、ギター弾き始めて、バンドでボーカルもやってるそうなので、
どのくらいの腕前なのか?興味津々です。
兄貴はブルーグラスですが、長男はロックらしいので、僕の方が話合いそうかな?
なんて思います。
前におとうが死んだ年の正月に実家帰るのに僕は手持ち無沙汰だと思って、
アコギを持って行ったら、おにいもアコギ持って来て、
実家でジャムって遊びました。
そんなことがまたあるかも知れません。
年に一度五郎家一同が集まるので楽しみです。


おとうが亡くなる前に病院に入院したばかりの頃、
僕は岐阜から静岡の伊豆まで見舞いに行った時、
おとうは自分が付けてた腕時計を僕にくれた。
「この腕時計、五郎にやる。」と。
形見代わりでもらいました。

でも今では携帯電話持ってるから、腕時計はほとんどしてません。
この前、ふと部屋のテーブルにおとうがくれた腕時計を何気に見たら、
動いてるのに気づいて。。。
おとうが生きてる時から2年近くずっと時を刻んでいたんだと思ったら、
月日の流れを感じました。
腕時計だから、いつか電池が切れるんだろうけど、この2年近く動いていたと
思うと、何とも言えない気持ちになりました。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-05-30 01:22 | その他 | Comments(0)


<< カオス(混沌)      BURT BACHARACH >>