2005年 06月 07日
MAROON5「SONGS ABOUT JANE」
遅ればせながら、きのうMAROON5の「SONGS ABOUT JANE」を買いました。
c0014453_219536.jpg
2003年にアメリカでこの1stが出て、昨年日本デビューだそうで。
ジャミロクワイとレニー・クラビッツが混ざったみたいと
Tower.jpのCDレヴューには書いてありましたが。
まだメンバーみんな若そうで、ノラ・ジョーンズのギターバンド版とか言われたり。
聴いた限りでは、全体的にミドルテンポの曲が多く、デイブ・マシューズ・バンドっぽい部分もあったり、RADIO HEADっぽい部分もあったり、、、。
アメリカからこういうバンドが出て来るのは時代の流れなのか?と思いました。
ソウル、ファンク、R&B、and ギターロックが上手く混ざった感じです。
まだ若いのに良い意味変な力が入ってなくて、
ファンキーなGROOVE出す所が大人のロックって感じがします。
こういうのもアリか?と思いました。

自分も長い事バンドを遠ざかってるので、久しぶりにバンドで出すGROOVEに
刺激を受けて再びバンドやりたくなりました。
一人多重録音も良いけど、やっぱバンドだなと。

01,HARDER TO BREATHE
02,THIS LOVE
03,SHIVER
04,SHE WILL BE LOVED
05,TANGLED
06,THE SUN
07,MUST GET OUT
08,SUNDAY MORNING
09,SECRET
10,THROUGH WITH YOU
11,NOT COMING HOME
12,SWEETEST GOODBYE
13,RAGDOLL
EXTRA TRACKS
14,THIS LOVE~KANYE WEST REMIX
15,THIS LOVE(LIVE ACOUSTIC)
16,HARDER TO BREATHE(LIVE ACOUSTIC)

お気に入りは04,06,07,08,11,13です。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-06-07 21:43 | 音楽全般 | Comments(6)
Commented by キングあおぽん at 2005-06-08 00:26 x
MAROON5、評判いいですね。
ラジオでよく聴きます。カッコイイです。
たしかにジャンルというカテゴリーではくくれないサウンドですよね。私も買おう!
Commented by gohonngigoro at 2005-06-08 00:47
これは買いです。
アップテンポで「ロックだぜ!イエ〜イ!」という感じの曲はありませんが、何度も聴いてるうちにじわじわ良く思える、噛めば噛むほど味が出るスルメ状態です。
Commented by kawamukai at 2005-06-08 16:51 x
歳いってくるとなかなか"イイな"って思えないのですが、Maroonはイイですね。本当にスルメアルバムです。20歳の子に教えてもらったんですがこの音が今の若い子にもいけるのか~って感心しちゃってます。匂いは80年代ですよね(^o^)
Commented by gohonngigoro at 2005-06-08 18:31
僕も最近の若手?のバンドってなかなか手が出ないんですが、CMの影響ですかね。(笑)
いつも古いのばかり聴いてるので。(苦笑)
MAROON5は良いです。
うるさいのは最近はだめです。
ヘヴィーでダークでラップ調のロックとか、、、。
Commented by kaoru_oishi at 2005-06-08 22:47
このバンドもそうですけど、ColdplayもJETもEvanescenceも、曲の中でピアノを効果的に使っているように思います。何と言うか、ギター一本やりでもないところが、不思議なサウンドになっているような。
以前、きむらのギターの先生は「ピアノ系とギター系は音の作りが違う」と断言してましたけど、実際のところはどうなんでしょう。
Commented by gohonngigoro at 2005-06-08 23:29
どうも、きむらさん。
ギターサウンドに鍵盤系を入れることでよりギターなり歌なりを引き立たせる効果になるんでしょうね。
ギターだけなら、ギターを重ねるにしても音色を変えて広がりを出してみたり。
良い曲ってギターと歌だけとか、ピアノと歌だけでも充分良い曲なら、どうアレンジしても芯が通ってるのでアレンジしやすいと思います。アレンジしすぎて逆に曲の根本を見失う時もあるのでほどほどがいいと思います。
ハードロックとか音を詰めすぎる傾向がありますが、逆に音を少なくより効果的に間を作ることによって曲に緊張感やインパクトを持たせるのも手段ですが、まあいろんな手法があっってもいいと思いますが。各楽器のバランスも重要ですが。
五郎的考えでした。


<< THIRDEYE BLIND,...      チャールズ・チャップリン、「ラ... >>