2005年 01月 04日
束の間のバンド、再び、、、。
正月休みで実家に帰って、二個下の後輩で今でもバンドやってる連中と久し振りにバンドで合わせて遊びました。田舎だから山の頂上にある掘建て小屋で。ここだと夏でも冬でもどれだけでかい音でも夜中でも大丈夫な所で。僕と高校時代から一緒にバンドやっていて、僕は二個上なので高校を出たら東京に行ってバンド組んでやってたので、後輩のドラムも僕のあとを追うように2年後東京に出て来て、僕がバンド紹介してあげて、しばらくやってたけど、親と期限を決めて約束していたのでドラムの奴は4年で田舎に帰りました。でも地元の観光組合で働きながら、地元にいる仲間とまたバンドを組んで、夏祭りとかのイベントとかに出てライブやったりしています。だからお盆や正月休みの時とか、僕が実家に帰った時は電話して都合が合えば、山小屋でバンド合わせて遊びます。合わせる曲は高校時代よく聴いた、ラウドネス、ドッケン、アースシェイカーとかです。当時ハードロック、ヘヴィメタルとか流行っていたので合わせるのはそんなのです。何年ぶりかに演奏してもなんとなく曲を覚えてるので自分にびっくりです。後輩は4人でやってるけど、ギターの奴は結婚して子供がいるので子守りで来れなくて僕は車で実家に来たのでギターも持って来たので僕が弾きました。後輩が自分達よりひと回り下の地元でバンドやってるギターとベースの子が僕らがバンドやってるのを見たいと言うので見に来てました。僕の姉の子供も最近ギターを始めたので興味津々で見たいと言うので見に来てました。後輩も「きょうはギャラリーが多いな〜」と照れくさそうにしてました。
姉貴の子供もびっくりしてました。
山の上で夜だったので気温1度で、そのバンド練習する所には暖房設備が何もなくて、寒い中4時間くらいバンドやって遊びました。おかげでどうも風邪ひいたみたいです。その後、地元の居酒屋に行って、飲みながら昔話に花を咲かせて、いろいろ話して楽しかったです。ボーカルの奴は歌も結構上手いけど、頭にタオル巻いて、地元の漁師みたいでいかにも田舎にいる青年?おっさん?みたいで。仕事は土木関係みたいだけど。声がでかくて豪快に笑うので、こっちもつられて笑ってました。
楽しいひとときでした。
30過ぎても、普通に仕事しながら、今だにハードロックのバンドやってるのはなかなかいないので、地元に仲間がいるのもいいな〜と思いました。
c0014453_0495574.jpg

[PR]

by gohonngigoro | 2005-01-04 23:25 | 音楽全般 | Comments(0)


<< 2005 正月の富士山      帰郷 >>