2005年 07月 10日
指鳴らしのCD
c0014453_23163357.jpg
BEAST FROM THE EAST / DOKKEN (1988Release)
ドッケンがアルバム「BACK FOR THE ATTACK」(1987Release)で来日公演した時の
ライブアルバムです。
当時僕は横浜市立体育館と新宿厚生年金会館と2回観ました。
ドン・ドッケン(Vo)とジョージ・リンチ(G)の犬猿の仲と言われた、
ステージでも一度も目を合わさない緊張感あるステージが逆に
バンドのテンションをあげてたように思います。
一番バンドとして輝いてた頃だと思います。
その時のライブはまさにベストの選曲で、当時付き合ってた彼女と
観に行った横浜公演、それとは別で彼女には内緒で、
彼女の友達の女の子と観に行った新宿公演。
「BACK FOR THE ATTACK」の全曲、「TOOTH AND NAIL」、「UNDER LOCK AND KEY」とか当時はギターコピーしまくってたので、これを聴くと
懐かしさが蘇ります。







c0014453_23175361.jpg
MICHEAL SCHENKER STORY LIVE / MICHEAL SCHENKER GROUP
(1997Release)
マイケル・シェンカーのデビュー25周年の日本公演のライブです。
SCORPIONSからUFO、そしてMSGとこれまでの集大成的な選曲で、
この時も観に行きました。
この時のメンバーは気に入ってます。
LEIF SUNDIN(Vo),DAVID VAN LANDING(Vo),BARRY SPARKS(B), SHANE GAALAAS
(Ds), SETH BERNSTEIN(RYTHM GUITAR & KEYBOARDS)
曲によって、ボーカルが交代で歌うという変則な感じでしたが、
VoのDAVIDが上手かったのに感動しました。
誰?このボーカル!?って感じでした。

僕がレスポールで弾く時の指鳴らしにかけるCDはこの二つのアルバムです。
どっちも2枚組です。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-07-10 23:48 | 音楽全般 | Comments(0)


<< JEFF BECK来日      よみがえり >>