2005年 07月 16日
TRIUMPH
c0014453_2355431.jpg
TRIUMPH / TRIUMPH CLASSICS (1989Release)
カナダのトリオのロックバンドというとRUSHが思い浮かびますが、
もう一つ、TRIUMPHがいました。
そんなに僕は入れ込んで聴いてたわけじゃありませんが、
このベストしか持ってないです。
でもこのアルバムだけでも良い曲ばかりで気に入ってます。
リック・エミット(G,Vo)、ギル・ムーア(Ds,Vo)、マイク・レバイン(B,Kds)という
三人で演奏技術の水準も高く、三人でも壮大感のあるロックを聴かせてくれます。
'76年カナダでデビューし、'77年からはアメリカでの配給を獲得し、カナダとアメリカを股にかけて活躍しましたが、'88年に中心人物のリック・エミットが脱退し、
そのバンドの歴史は終わります。
メロディアスで壮大な、ときには哀愁を帯びた曲や、はたまたハードにロックしてる
曲とバランスよくやってます。
アリーナみたいな所でライブやってるのを実際に体験してみたかったです。
ノリ的にはストレートなノリなので、でかいライブ会場だと良く映えて見えたんだろうな〜?と思います。

01,TEARS IN THE RAIN
02,HOLD ON
03,I LIVE FOR THE WEEKEND
04,MAGIC POWER
05,FOLLOW YOUR HEART
06,A WORLD OF FANTASY
07,FIGHT THE GOOD FIGHT
08,SPELLBOUND
09,SOMEBODY'S OUT THERE
10,LAY IT ON THE LINE
11,ROCK 'N' ROLL MACHINE
[PR]

by gohonngigoro | 2005-07-16 23:25 | 音楽全般 | Comments(0)


<< きょうの「アッコにおまかせ」      アスベスト >>