2005年 07月 25日
JACO PASTORIUS
c0014453_23432459.jpg
JACO PASTORIUS / 1st (1976Release)
フレットレス・ベースで一躍名を上げた今は亡き天才ベーシストです。
夏の暑い夜にふと聴くのも乙なもんです。
夏だけに限定しなくても良いアルバムですが。
今夜はそんな気分です。
バックのメンバーも超豪華な顔ぶれで、如何に期待の星だったか思い知らされます。




01,DONNA LEE
02,COME ON , COME OVER
03,CONTINUUM
04,KURU/SPEAK LIKE A CHILD
05,PORTRAIT OF TRACY
06,OPUS POCUS
07,OKONKOLEY TROMPA
08,(USED TO BE A ) CHA-CHA
09,FORGOTTEN LOVE
[PR]

by gohonngigoro | 2005-07-25 23:55 | 音楽全般 | Comments(2)
Commented by nervous-breakdown at 2005-08-09 00:10
このアルバム好きです。ホント夏の夜に聞くと乙ですよね!
ずっと一緒にバンドをやっていたベーシストがこのレコードを大事にしていたので、僕も影響されて聴きました。JazzテイストのアルバムなのにJazzにとらわれていないベースラインが、どんなジャンルのリスナーを虜にしてるようにも思えます。 ジャコの様にどんな音楽でも愛せるようになりたいものです。
でもジャコのアルバムはこれしか聴いた事ないのです^^; ウェザーリポートも聴いてみたいと思うのですが…五郎さん、これっていう一枚ありますか?
Commented by gohonngigoro at 2005-08-09 00:18
ジャコのアルバムはこれしか持ってないです。(苦笑)
ウェザーリポートは「HEAVY WEATHER」'77を持ってます。
これ良いですよ。


<< 寂しい限りです。      エアコン壊れました >>