2005年 07月 28日
JAMES BROWN / FUNK POWER
c0014453_23214677.jpg
JAMES BROWN / FUNK POWER 1970:BRAND NEW THANG
ジェイムス・ブラウンの一番油が乗ってる頃のアルバムです。
バックのJB'Sも最強メンバーで。






(Vo) JAMES BROWN
(Ds) CLYDE STUBBLEFIELD,JOHN "JABO"STARKS
(B) WILLIAM "BOOTSY" COLLINS
(G) PHELPS "CATFISH"COLLINS
(ORGAN)BOBBY BYRD
(TRUMPETS)CLATON"CHICKIN"GUNNELS,DARYL"HASAAN"JAMISON,
(TENOR SAX)ROBERT"CHOPPER"McCOLLOUGH
(BARITONE SAX)ST.CLAIR PINKNEY
(CONGAS)JOHNNY GRIGGS

01,GET UP I FEEL LIKE BEING A SEX MACHINE(5:16)
02,SUPER BAD
03,SINCE YOU BEEN GONE
04,GIVE IT UP OR TURNIT A LOOSE
05,THERE WAS A TIME(I GOT TO MOVE)
06,TALKIN' LOUD AND SAYIN' NOTHING
07,GET UP , GET INTO IT , GET INVOLVED
08,SOUL POWER
09,GET UP I FEEL LIKE BEING A SEX MACHINE (10:31)




c0014453_23221440.jpg
もう1枚はJAMES BROWN / SEX MACHINE
全15曲のうち、01〜05まではスタジオ録音に観客の拍手などを入れた、疑似ライブ仕上げ。1970年7月録音のもの。
06〜15は1969年10月1日にジョージア州オーガスタでのライブという変則ライブ・レコーディング・アルバムです。
僕のお気に入り曲、「GIVE IT UP OR TURNIT A LOOSE」はこっちのアルバムでは、
上のFUNK POWERのバージョンにリバーブ処理してあって、二つのバージョンが楽しめます。

01,GET UP I FEEL LIKE BEING A SEX MACHINE
02,BROTHER RAP(part1&2)
03,(MEDLEY)BEWILDERD
04,I GOT THE FEELING
05,GIVE IT UP OR TURNIT A LOOSE
06,I DON'T WANT NOBODY TO GIVE ME NOTHING
07,LICKING STICK
08,LOW DOWN POPCORN(INSTRUMENTAL)
09,SPINNING WHEEL
10,IF I RULED THE WORLD
11,THERE WAS A TIME
12,IT'S A MAN'S MAN'S WORLD
13,PLEASE,PLEASE,PLEASE
14,I CAN'T STAND MYSELF (WHEN YOU TOUCH ME)
15,MOTHER POPCORN
[PR]

by gohonngigoro | 2005-07-28 00:01 | 音楽全般 | Comments(0)


<< うなぎ      新しょうがのたまり漬け >>