2005年 01月 07日
三者三様
年末実家に久し振り兄弟三人揃いました。去年の6月の父の1周忌法要以来でした。
三人とも離れた所に住んでるので、会うのは年に1、2回って所です。長男の兄貴は頭も良く、しっかり物で経済的にも頼れる兄貴です。でも恐い所というかクール過ぎる所もあります。父親も自慢の息子だったので。長女のおねえはマシンガンのように話し出すと止まらない、電話でも一方的に自分だけ用件を話して、「ガシャッ」と切るような性格です。親にとっては一番心配な娘です。末っ子で次男の僕は自分で言うのも変ですが、兄弟の中で一番性格的にやさしいと思います。兄貴のように経済的には恵まれてないけど、人当たりは良いと思います。久し振りに実家で母親と兄弟三人集まると、如実に兄弟の性格って、三者三様だな〜と思いました。母親は三人の中で僕が一番話しやすいと言ってました。金銭的なことは兄貴、僕は金銭ではできない思いやりというか、実家で母の代わりに掃除や料理してやったり、車で母を乗せてドライブしたり。母親は僕だけまだ独りもんだから、「正月に彼女でも連れて来てくれたらな〜」なんて言ってました。それを言われると辛いですが。兄貴は出来が良くて、弟は出来が悪いけど、兄貴より人としてのやさしさや思いやりは僕のがあると思います。生前父は僕のことを、「やさしいこと言ってくれるから憎めない」と言ってました。僕も過去に親を心配させるようなことをしてたので。今もかも知れません。
でも世間では僕ら兄弟のようではないパターンもあるので、なんとも言えないです。
長男が出来が悪くて、次男が出来が良いとか、兄弟全員良い子ばかりとか。
親が思った通りに子供がすくすく育ってもらえれば、安心するんだろうけど、人はなかなかそうはいかないですから。難しいです。
人の人生で親孝行もそうだけど、良いこと、悪いこと、いろいろあるけど、いつか自分が死ぬ時、プラスマイナス、ゼロになれれば本望です。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-01-07 22:17 | その他 | Comments(0)


<< 旧友      ヘヴィメタル >>