2005年 08月 13日
KING CURTIS
c0014453_057141.jpg
KING CURTIS / Live at fillmore west(1971Release)
名サックス・プレイヤー、キング・カーティス。
1971年8月14日、ジョン・レノンの「イマジン」セッションに関わってる最中、
猛暑中のニューヨークで、新しく買ったエアコンを運んで自分のアパートに戻る
ところだった。
家の前で麻薬を注射中の男が二人いるために通れないカーティスは、
「どいてくれ!」と言うと相手が怒り、ナイフでカーティスの心臓を
刺してしまった。
病院に担ぎ込まれた時にはすでに死亡していた。
4日後に行われた葬式で、スティーヴィー・ワンダー、アレサ・フランクリン、
シシー・ヒューストン、デュアン・オールマンなどを含む参列者が集まる中、
キングピンズは1時間におよぶ「ソウル・セレネイド」を演奏した。
才能あるアーティストは、本当にあっけなくこの世を去ります。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-08-13 01:08 | 音楽全般 | Comments(0)


<< 戦争と平和      BRIAN SETZER / ... >>