2005年 08月 17日
二日間の帰省
14日の夜10時半に大垣インターに乗り、名神・東名高速道路を走り、
実家に着いたのは15日午前3時ちょっと前でした。
僕の車は軽なのでスピードメーターも最高が140キロですが、
直線コースはメーター振り切って走りました。
途中浜名湖で休憩して、あとはノンストップでした。
沼津インターで下りて、西伊豆まで。
さすがに久しぶりの長距離運転で実家に着く前にコンビニで夜食買おうと
車から降りたら、身体がずっと同じ体勢だったので固まってました。(苦笑)
実家に着いて、夜食食べて寝ましたが、運転して疲れてたけど、身体が興奮状態で
寝付きが悪かったです。
朝は8時前に目が覚めて、ご仏前にお参りして、おかあと朝ご飯食べて、
他愛もない話をしてました。
昼前に近くのスーパーに昼夜に食べる食材を買いに行きました。
実家は海が近いので、いつも買いに行くミツダ水産って店にマグロとイカの刺身を
買いに行きました。
ここの刺身は良いネタ揃えてるのでおいしいです。
昼ご飯の時食べました。

午後3時にお寺の住職に来てもらって、お盆のお経あげてもらいました。
住職のお経に合わせて、僕もおかあもお経の本見ながら一緒に声出して読みました。
おとうも先祖のみなさんも喜んでくれたと思います。

住職が帰ったあとは、家の押し入れの上の段の荷物を下ろして、いらないものとか
ゴミ袋に詰めて、ゴミ置き場に持って行ったりで。

夜になり、晩御飯食べて、うとうとしてたら、おねえ家族の旦那と子供二人が
昼間海に泳ぎに来てたので遊びに来ました。
おねえは頭痛かったらしく来ませんでした。
子供二人と久しぶりにトランプがあったので、大貧民と七並べやりました。
10時になったのでおねえの旦那と子供は帰りました。

風呂に入って、今年になって初めてスイカを食べました。

16日、朝からまた押し入れの片付けをおかあとやってました。
すると、僕が小学校の頃書いた作文とか出て来て、つい読みふけってました。
小学校の時買ってもらった野球のグローブとか僕が書いた絵とか、、、。

段ボール箱の中身を要らないものをゴミ袋に入れてたら、
ビニール袋に包まれた、小さな木箱がありました。
よく見ると、僕が生まれた時の「へその緒」でした。
1980年10月に岐阜から家族5人で夜逃げした時、
てっきり岐阜に置いてきてないものだと思ってた、
「へその緒」。
木箱を開けてみたら、黒くカリカリに乾燥した「へその緒」がそこにありました。
僕とおかあを繋いで、そこから僕はおかあから栄養をもらってたんだと
思うと、感慨深く思いました。
木箱の裏にはおとう38歳、おかあ37歳、僕の名前、生まれた日、時間!?
病院の名前、体重、助産婦の名前まで書いてありました。
僕は生まれた時間までは今まで知らなかったので、初めて知りました。
午後6時50分と書いてありました。
あと、おとうの弟、義理の故叔父ちゃんは元プロ野球選手で、大洋ホエールズ、
近鉄バッファローズ、南海ホークスで20年間ピッチャーだったので、
叔父ちゃんの写真、チームメイトの色紙に書いたサイン
(鈴木啓示、江夏豊、門田博光など)、あと、
叔父ちゃんが昭和44年のオールスターゲームに出た時の、
選ばれた選手全員がもらった参加賞のホームベース型のプレートもありました。
このプレートも子供の頃、岐阜で見た以来見てなかったので、夜逃げした時
岐阜に置いてきたもんだと思ってたので実家にあって、びっくりでした。
このプレートは僕が代わりに預かることにして岐阜に持って帰ってきました。
叔父ちゃんには生前、よく可愛がってもらったので、
甥の僕が大切に保管してれば叔父ちゃんも喜んでくれると思って。

c0014453_75723100.jpg

夕方になり、おかあを沼津のおねえの家に送らないといけないので、
おかあを車に乗せ、実家を出て、沼津のおねえの家にちょっと寄って、
それから岐阜に帰って来ました。
沼津インター乗ったのが夜8時で、岐阜の大垣の家に着いたのは、
11時半くらいでした。
昼間にちょっと昼寝したら、頭痛くなって、帰って来る時頭痛くて運転も
たいへんでした。
あっという間の二日間でした。

実家を引き払う予定だったけど、新たな問題が起きて、それどころじゃない感じなので、しばらくは実家はそのままで、おかあは沼津のおねえ家族と住みつつ、
たまに実家に帰って来る感じのままになりそうです。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-08-17 21:18 | その他 | Comments(0)


<< 停電      ELVIS FOREVER >>