2005年 08月 30日
CLARENCE WHITE
c0014453_20371090.jpgc0014453_2037275.jpg










左から、
KENTUCKY COLONELS featuring ROLAND and CLARENCE WHITE
(1964Releaseの”Appalachian Swing"のイギリス編集版)<1997Release>
THE BYRDS / Live At The FILLMORE~Febrary 1969(2000Release)



CLARENCE WHITE(1944~1973)
ケンタッキー・カーネルズではブルーグラス・スタイルのギターを披露し、
その後バーズに入りカントリー&フォークをロックと融合し、
テレキャスを使ったストリング・ベンダーで
独特なサウンドを奏でたクラレンス・ホワイト。
過小評価された伝説のギタリストです。
僕はそれほど詳しくないですが、ブルーグラス/カントリー系のギタリストは
本当に器用で上手いです。
感心してしまいます。
僕の兄貴もブルーグラスのギター弾くので、僕が小学校6年〜中1くらいの頃、
ギターで、「NINE POUND HAMMER」やマンドリンでビル・モンローの
「ローハイド」とか教えてもらって弾いてました。
テレキャスは持ってないので、いつかストリング・ベンダー付きのテレキャスが
ほしいです。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-08-30 21:01 | 音楽全般 | Comments(0)


<< 自分が今まで書いたブログを振り返って      THE VAUGHAN BRO... >>