2005年 09月 14日
愛と青春の旅立ち(サントラ)
c0014453_3464598.jpg
AN OFFICER AND A GENTLEMAN 愛と青春の旅立ち
(サントラ)(1982Release)
前にもブログで書いた、デブラ・ウィンガーが観たくて、久々に「愛と青春の旅立ち」DVDを観た。
この映画のサントラから、ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズの「UP WHERE WE BELONG(愛と青春の旅立ち)」というヒット曲が生まれ、当時ベストヒットUSAのチャートにも入ってました。
今だにCMで使われたりで耳にすることが多いです。
でも何度聴いても良い曲です。
劇中に流れる曲もダイアー・ストレイツの「トンネル・オブ・ラブ」、パット・ベネターの「トリート・ミー・ライト」、ZZトップの「タッシュ」とかその場面場面がその曲を聴くと思い出されます。
80年代始めくらいから、映画のサントラにいろんなアーティストが楽曲を提供して、ヒットチャートに上って来るのが増えました。
映像と音の相乗効果とでも言ったらいいでしょうか?
「フェイム」「フラッシュ・ダンス」「フット・ルース」「ロッキー」シリーズ「ビバリーヒルズ・コップ」シリーズとか、、、。
洋楽が一般的に身近に聴ける感じというか?すんなり入って来る感じでした。
良い時代だったように思います。
その後MTV時代が来て、より映像と音が重要なマーケット戦略になった時代。
僕が洋楽に目覚めていった頃です。
c0014453_49407.jpg
再び登場、デブラ・ウィンガー。
きれいな女優さんです。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-09-14 04:06 | 音楽全般 | Comments(0)


<< DIRE STRAITS      MICHEAL McDONALD >>