2005年 09月 19日
「へちゃ」パート2
昨日「へちゃ」って何?の話のパート2でも書こうと思います。
昨日僕は、きれいな女性でも性格キツい人や、ヒステリーの人とかいると書きましたが、
最近というか?僕の周りの年下の女達は、見た目それほどでもないのに、無愛想で、
ため口だったり、機転のきかない女性が多く、おまけにしおらしさがないのばかりで、
うんざりです。
「大してかわいくもないのにそんな無愛想だと救い用がないやろ〜が〜!(怒)」と、
直接言ってやりたい衝動に駆られますが、それを言っちゃ〜おしまいよ!ってなるので、ここはぐっと我慢です。
でもよほど言ってやろうか?と思う時がしばしばあります。
言ってやらないとわからない人もいると思うので。
それをおせっかいと取るか?早く気づかせてやることが相手にとって、目覚めること、目からウロコになればいいけど、逆に怒ってもう二度と友好的な関係が築けない可能性もあるので微妙です。実際そうなった人もいます。
僕も一度嫌うと、とことん嫌うので。
女心って難しいですね。これは土地柄なのか?それともたまたま僕の周りにいる女どもがそういう奴ばかりなのか?
まあ親の育て方が悪いんでしょうから。
そういう子は小津安二郎の映画でも観ろ!と言いたいです。
50年くらい前の映画ですが、女性の言葉使いが丁寧でしおらしさがあります。
自分が相手の気持ちになって考えれば、わかると思うけど、自分が相手に対して嫌悪感があるのは相手も自分のことを嫌悪感持ってる場合があるので。
きょうはあまり笑えない記事ですいません。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-09-19 03:30 | その他 | Comments(0)


<< 歯医者      小津安二郎監督作品サウンドトラ... >>