2005年 09月 20日
連休、心遣いについて思ったこと
世間は三連休みたいでしたが、僕はずっと仕事でした。
カレンダー通りの休みの仕事に憧れます。
世間が休みの時に仕事だと、僕なんか平日が休みなので、
土日祭日が休みだとどこも混んでたりで、平日でよかったと思う時がありますが。
僕はまだ独身なのでまだいいですが、これが所帯持ちで平日休みだと辛いのかな?
子供とかいると休日にどこか連れて行ったり、相手してやらないといけないでしょうし。
一人だと普段も休日もそうですが、いつ寝ようがいつ起きようが気にしなくて済みます。
なに食べようがどこ行こうが好きなことできるので楽といったら楽ですが。
でもふと孤独感に襲われる時があります。
期を逸した感じです。
でも結婚してれば幸せか?といったらそうでもない人もいたりして、
なんとも言えません。
好き同士で一緒になったはずが、結婚して子供できて、いろいろな家族の問題もあったりで、やがて夫婦上手くいってないのとか。
何が幸せか?どういう時に幸せを感じるかは人それぞれだと思いますが、
まだ結婚したことない僕なんかは未知の世界です。
お手本として自分の両親はとても仲良かったので、羨ましく思います。
でも結婚生活40年くらいの間にけんかもしたみたいですが、
トータルで考えると、良かったように思います。
お互いを思いやったりする気持ちとか、親のDNAが僕にも受け継がれてる感じはします。
良いDNAだけではないと思いますが。
時には悪いDNAも受け継いでると思います。

前に生前おとうが、兄貴の嫁さんのことでちょっと嘆いてたことがあります。
兄貴の嫁さんはよくできた人だと僕も思いますが、
おとうが、「おにいが結婚して、嫁さんからおとうの家に電話してきたことがない」と
言ってて、いつもおとうの方から兄貴の家に電話かけるのがほとんどで。
たまには兄貴の嫁さんの方から「おとうさん、おかあさん、ご機嫌どうですか?」
と電話してきてもいいのにな〜とおとうが嘆いてました。
兄貴の嫁さんも仕事してるので、朝早く家出て、帰ってくるのも遅いのもあると思いますが、これは嫁さんの家の親の育て方なのか?その家の普通のことが僕の家では変に思うこともあるせいなのか?
捉え方の違いだと思いますが。
連絡しないのは元気の証拠!みたいなのはあると思いますが。
僕は結婚してないので、実際してみたらどうなのか?と思います。
自分の嫁さんとか、自分の親がいる実家にたまに電話とかするだろうか?
「おとうさん、おかあさん、ご機嫌いかがですか?お身体の具合はどうですか?」
みたいなこと言うだろうか?
僕のブログを見に来てくれる所帯持ってる人の嫁さんとかどうなんでしょうか?
旦那の実家とかに嫁さんが冠婚葬祭や、お中元、お歳暮とか送ったり、送られたりでいちいち御礼の電話とかするでしょうか?
兄貴の嫁さんとか、お中元、お歳暮とか生前おとうが兄貴の家に送っても、御礼の電話をかけて来たことなかったみたいです。
何気ない気遣いというか?ちょっとした電話で親とかうれしかったりすると思います。

その家その家でも礼儀や育て方の違いってあるみたいですね。
心遣いの問題ですが。
みなさんの家はどうですか?
僕はまだ一人もんなので、お中元、お歳暮とか送ったりしてないし、する余裕もないので。
僕の考えは昭和的考えなんでしょうか?
今どきの人はそこまで考えないものなのか?

また話がごちゃごちゃになりました。
すいませんです。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-09-20 06:12 | その他 | Comments(2)
Commented by DrKrain at 2005-09-20 10:06
私も、3連休は仕事ばかりしてました~...

>僕のブログを見に来てくれる所帯持ってる人の嫁さんとかどうなんでしょうか?

では、お言葉に甘えまして、Krain夫婦について打たせて頂きます。
実は、なんだかんだ結構うまくいってるかなと思っています...
お互い意地っ張りな面もあるんですけど、たぶんお互い意地を張りつつ理解している...そんな感じです。
私が、カミさんに対するスタンスは、「押しつけない」です...
あ~しろこ~しろとは、一切言ったことがないはず...
まあ、30年近く違う環境で育ってきたのだから、考え方が違って当然ですし、意思が統一されているよりも、むしろ健全だと思っています...

ウチのカミさんは、キツいけど優しいヤツ...
しかし、これからもネタにしていこうと思っております。
Commented by gohonngigoro at 2005-09-20 17:57
krainさん、どうもです。
krainさんの嫁さんはkrainさんの両親と上手くやってるんですね。
いいことだと思います。


<< 3個目の円形ハゲ発見      以心伝心 >>