2005年 10月 06日
1970年10月6日大阪球場 近鉄vs南海
きょうは今から35年前の
1970年10月6日は僕の叔父ちゃんが南海相手に完全試合を達成した日です。
1989年5月22日に肝臓がんで45歳の若さで亡くなった叔父ちゃん。
9回を27人で終わらせる。
一人も塁に出さないということがどれだけすごいことか?
そう簡単にできることではないです。
僕の家の誇りです。c0014453_21375145.jpg
写真は完全試合やった時の写真です。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-10-06 21:38 | その他 | Comments(4)
Commented by iamlazy at 2005-10-07 21:52
凄いです。完全試合は本当に凄いですね。
1人も塁に出さない、四球も与えないのも凄いですし、
精神的なプレッシャーにも克つ。それがまた凄いですね。
Commented by gohonngigoro at 2005-10-07 23:39
僕も小中学校と野球やってて、ピッチャーでした。
一人も塁に出さず、四球もなしとは格好良過ぎです。
それも当時は野村克也監督兼捕手率いる南海打線を封じ込めたのはすごいと思います。
近鉄バッファローズ、背番号16 佐々木宏一郎です。
今では珍しいアンダースローだったので、サブマリン投法と言われてました。
この年は17勝5敗防御率2、05で勝率7割7分3厘で最優秀勝率賞もらいました。叔父ちゃんが一番輝いてた時です。
Commented by Mao.K at 2005-10-08 00:29 x
はじめまして。キングあおぽんさんのblogで名前をお見かけしていたもので。。。佐々木投手が叔父様とは。。。自分が初めて見たプロ野球の試合がロッテー近鉄戦でした。その時投げていたような覚えがあります。阪急の山田・足立と並んで綺麗な投球フォームでしたね。小川・佐々木恭介・平野・羽田・石渡といったメンバーが出場していたと思います。
Commented by gohonngigoro at 2005-10-08 01:05
どうもMao.Kさん、こちらこそ初めまして。
叔父は62年に大洋、'63〜''75年まで近鉄にいて、'75年のシーズン途中に南海の野村監督に引っ張られて南海に行きました。
'81年の引退まで南海でした。
僕の以前の記事で右の欄のカテゴリの「小説みたいなもの」に叔父のこと書いてるのでよかったら読んで下さい。
あおぽんさん繋がりでこれからも見に来て下さい。(笑)


<< 歯がじんじん      WILLIE DIXON / ... >>