2005年 10月 08日
フィル・ライノット/トリビュートコンサート
今月号のプレイヤー誌買って見たら、今年8月20日にアイルランドのダブリンで、
THIN LIZZYの故フィル・ライノットの銅像設置記念のトリビュートコンサートが行われたという記事が載ってました。
前にニュースで知ったんですが、僕はてっきり来年と勘違いしてました。
来年でフィル没後20年なので。
前日銅像の除幕式が行われ、20日にコンサートがあったと。
ゲイリームーアがバンドマスターとして取り仕切り、記事を読むと、午後9時にゲイリー、ブライアン・ダウニー(Dr)、ジョナサン・ノイス(ジェスロ・タルの現B)で、
「WALKING BY MYSELF」、メドレーで「JAILBREAK」「DON'T BELIEVE A WORD」
を演奏。
その後ブライアン・ロバートソン(ロボ)がステージに上がり、「EMERALD」「STILL IN LOVE WITH YOU」を演奏しステージを下り、
ロボ退場後、スコット・ゴーハムが出て来て、「BLACK ROSE」「COWBOY SONG」を演奏。
アンコールでエリック・ベル(初代ギタリスト)が出て来て、「WHISKY IN THE JAR」を演奏後ステージを下り、
ゲイリーが弾き語りで「OLD TOWN」という曲を演奏し、「パリの散歩道」でコンサートは終了と。
黄金期のロボ、スコットの絡みもなく、ジョン・サイクスは除外というファンの間でも賛否両論のほとんどゲイリー・ムーア・ショーだったそうで。
今回の模様は撮影・録音されてるそうで、近々DVD化されるとか?
ちょっと腑に落ちない感じですが、DVD出たら観てみたいです。
c0014453_058185.jpgc0014453_0581834.jpg
[PR]

by gohonngigoro | 2005-10-08 01:00 | 音楽全般 | Comments(2)
Commented by gazira7 at 2005-10-08 01:12
もう、20年ですか。懐かしいな、ジョン・サイクスとのサンプラザ。
しかし、こんなセットでフィルは浮かばれるのでしょうか。。。
ま、こんな根性では「The Rocker」は演らんでしょうね。
Commented by gohonngigoro at 2005-10-08 01:21
gazira7さん、初めまして。
月日の経つのは早いもので、フィル・ライノットが死んで来年で20年です。ゲイリーが16歳の時、フィルは19歳の時からの付き合いだそうで。仕切るならもうちょっとファンの喜ぶ演出をしてほしかったですね。(苦笑)


<< JOHNNY CASH      ROXY MUSIC / FL... >>