2005年 10月 16日
GARY MOORE / BACK ON THE STREETS
c0014453_1842731.jpg
GARY MOORE / BACK ON THE STREETS (1978Release)
'78年8月、THIN LIZZYに正式加入したゲイリー・ムーアはMCAとまだ契約が残ってたのでTHIN LIZZYの仲間(フィル・ライノットB、ブライアン・ダウニーDr)を集めてソロ・アルバムを制作したのがこの「BACK ON THE STREETS」です。
やはりギター弾いて、歌も歌えるのはすごいと思います。自分で歌おうと思ったのも。
長く活動できたのもうなずけます。
ギターだけ弾いてたら今も第一線でやってたか?わかりません。
そう考えるとある意味、このアルバムがターニング・ポイントだったか?と思います。
サイモン・フィリップス(Dr)、ドン・エイリー(Key)とかバックもテクニックのある人達で、それまでコロシアムIIでフュージョンみたいな音楽やってた影響もこのアルバムでその余韻が残ってる感じの曲もあります。
ノリの良いロック・チューンと泣きのバラードとアルバムもバラエティな曲が入ってます。
ゲイリーのギターの音色もアンプ直みたいでダイレクトな音です。
曲によっては、コーラスみたいなのがかかってるようにも聴こえます。
ショート・ディレイもかけてるのか?リバーブもミキシングであとから軽くエフェクトかけたのもかも知れません。

01,BACK ON THE STREETS
02,DON'T BELIEVE A WORD
03,FANTICAL FASCISTS
04,FLIGHT OF THE SNOW MOOSE
05,HURRICANE
06,SONG FOR DONNA
07,WHAT WOULD YOU RATHER BEE OR A WASP
08,PARISIENNE WALKWAYS
全曲良いです。
このアルバムを聴くと本当にゲイリー・ムーアは引き出しが多いというか?
職人みたいです。器用に弾きこなしてます。
僕の師匠マイケル・シェンカーとはまた違った良さがあります。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-10-16 19:19 | 音楽全般 | Comments(2)
Commented by kawamu at 2005-10-17 13:53 x
あらら~懐かしい~です(^o^)
このジャケのゲイリーって足が細かったですよね~。鍛えて太くなったのか、とにかく手も太くてでかいですよね(^o^;
Commented by gohonngigoro at 2005-10-17 18:00
kawamukaiさん、どうもです。
20〜30代前半の頃のゲイリー・ムーアは今より痩せてましたが、元々骨太だったんじゃないか?と思います。
さすがに50代にもなると増々ブルドッグみたいですね。(笑)


<< WHITESNAKE      早弾きギタリスト >>