2006年 02月 10日
温厚な性格と凶暴性
人間誰でも得意なものって何かしらあると思います。
向き不向きも人それぞれで。
特殊な才能を持つ人も世界にはいっぱいいます。
2456年の何月何日は何曜日か?と聞かれて、即座に答える人とか。
それが何かの役に立つか?といったらそうでもないんですが。
人間役に立たない無駄な知識をいっぱい知ってたり。
必要な知識よりもそっちの方が多いんじゃないか?と思います。
そうやって頭脳のバランスが保たれてるように思います。
隠れた潜在能力とか、自分ではまだそれを知らずに生活してる人もいると思います。
別に自分に才能があると自慢してるわけじゃないですが。
自分の持ってる才能をいかんなく発揮できる天職に巡り会いたいものです。

自分も社会人になって良い年になって、普通に固く務めてれば人の上に立つ年代なのに。自分がそういう人生を歩んで来たからしょうがないですが。
わけあって転職したはいいけど、自分より年下の上司にため口で偉そうに横柄な態度で小馬鹿にされ、ぶーぶー言われながらやってるのは、承知の上で仕方が無いのはわかっていても、腹の中で怒りで煮えくり返ってます。
温厚な性格でも、いつプチっと切れて爆発するか?わかりません。
けんか慣れした人とは違って、温厚で大人しい人間ほど切れた時の爆発力は半端じゃないと思います。加減を知らないので。
自分でもそれを考えると怖い気がします。
「もうちょっと口の利き方あるだろう〜!」と。
持ってるボールペンで目ん玉突き刺したろか〜!と頭によぎります。
人情味のない今の時代だから、余計人付き合いもサバサバして。
自分より若い世代だと付き合いにくいです。
仕事上でのことです。
ブログで僕より年下の人も見てると思うので。
自分が繊細過ぎるのかも知れません。
もっと雑な性格だったら、ここまで思わないと思います。
簡単なことを人より難しく要らないことまであれこれ考えるのが良くないんだと思います。変な緊張感があって、お互いにやり辛い感じです。
精神的に参るのは当然のように思います。
同年代の友達がうつ病になってるのが多いのもわかります。
自分も実はそうなんじゃないか?と思ったりして。
死にたい病や、仕事したくない病だったり。。。
自暴自棄になって。
普段温厚な性格がふとしたきっかけで豹変して凶暴な人間になりかねないのもなんとなくわかる気がします。
切れる子供、子供を育てられないで殺してしまう親、、、。
いつどこで豹変するか?わかりません。
自分は大人数の会社で働くのと、少人数の会社で働くのとを考えたら、
本当は少人数の所で働くのが向いてる気がします。
静粛で平穏な境地にたどり着きたいです。

赤裸々な事書いて恐縮です。
これ読んだ人は気分悪くなると思います。
すいません。
[PR]

by gohonngigoro | 2006-02-10 22:22 | その他 | Comments(2)
Commented by mmmisa2 at 2006-02-11 11:05
我々の年代の会社人間は、一度や二度誰でも思うことだと思います。
大事なのは、自分自身で、自分を肯定的、あるいは楽天的に精神面をコントロールしなくてはならないことです。これが簡単なことではありませんが、人間が他の動物と違うところで、大人と子供の差だと思います。
何とか、鬱的な思考、何にもしたくないという拒否感を自身の中から追い出し、前向きに出口を見つけなくてはと僕も時々、自分に言い聞かせながら毎日乗り切っています。
みんな少なからず、抱いている感情だと思います。

まだまだ、若い奴らに負けたくありません!!
頑張りましょう!!
Commented by gohonngigoro at 2006-02-11 18:21
mmmisa2さん、ありがとうございます。
年行ってから転職すると誰でも思う感情ですね。


<< LISA LOEB & Nin...      YES / 90125&BIG... >>