2006年 03月 17日
「漢字バトン」
Drkrainさんから「漢字バトン」を頂きました。
早速やってみたいと思います。
質問は、
1、好きな漢字
2、前の人が答えた漢字に対して自分の持つイメージ
3、次に回す漢字三つ
4、大切にしたい漢字
5、漢字のことをどう思う?
6、最後に貴方が好きな四文字熟語を三つ
7、次へ回す人、その人をイメージする漢字
というものです。

1、好きな漢字
「情」じょう、なさけ
人間、この世に生まれたら誰もが持つ感情です。
世の中、情の深い人、情のない人、いろいろいます。

何かを見たり聞いたりして起こる、心の動き。感情。
好き嫌い、快不快などの感情。
人間関係が深まるにつれて高まってくる温かい感情。
特定の異性を他人と思わなくなる気持ち。

「敬」うやまう
自分より偉い(目上の)者に対して、それにつき従い、大切にしようとする気持ち。

2、前の人が答えた漢字に対して自分の持つイメージ
krainさんは「暗」「淫」「運」でした。
「暗」
自分の中にも「暗」な所はあります。
暗い過去、暗い生活、暗い心、、、。
「淫」
自分もこれまで「淫」な過ちを犯して来ました。
心も身体も汚れてます。
「運」
「運」の良い人、「運」の悪い人、両方とも自分次第のように思います。
強い人、弱い人も。

3、次に回す漢字三つ
「夢」
眠ってる時に見る夢と、自分の心に思う夢とありますがどっちもです。
「愛」
人間なら誰もが持ってる感情。いろんな愛があります。
「空」
この世に生まれてから死ぬ時まで、ずっと変わらぬお天道様。
空を見ると、自分がちっぽけに思えます。
きれいな青空を見ると、心も晴れ晴れします。

4、大切にしたい漢字
「夢」
「愛」
「空」
「道」
「始」と「完」
「風」

5、漢字のことをどう思う?
中国から伝わって来た漢字だけど奥が深く、難しいです。
中国から伝わる前の日本人はどんな文字を書いてたのか?歴史も詳しくないのでわかりませんが。
今の時代、パソコンや携帯とかでひらがなを打って、漢字に変換して、普段字を書かないから字を忘れることが多くなって、どんどん頭が悪くなる感じがします。

6、最後に貴方が好きな四文字熟語を三つ
「一期一会」いちごいちえ
人の出会いは一生に一度しかないかも知れないので、悔いのないようにする。きょう出会った人も明日にはもう二度と会わないかも知れないから、人の出会いを大切にしたいです。
「諸行無常」しょぎょうむじょう
宇宙間の万物。
万物は流転するものであり、永久に変わらないものは世の中に一つもないこと。
生があれば死があるように、人も景色も変わっていくものだということ。
「花鳥風月」
風流の対象としてながめられる自然界の景観。
花鳥風月をしみじみ感じる時は人間死ぬ時だと聞いたような?
悟りの境地に行った時なんでしょうか?
「温故知新」
古きを訪ねて新しきを知る意。昔の事をよく調べ、新しい物事に適応すべき知識、方法を得ること。
僕が昔行ってた小学校は温知小学校という所でした。
「温故知新」から取ったのは言うまでもないです。
四つも書いてしまいました。

7、次に回す人、その人をイメージする漢字。
divaさん、divaさんをイメージする漢字は「優」「情」です。
他に回す人はこれといっていないので、自分もやってみたい人はご自由にどうぞ。

krainさん、こんな感じです。
いかがでしょうか?まじめ過ぎですかね?
[PR]

by gohonngigoro | 2006-03-17 11:06 | その他 | Comments(3)
Commented by DrKrain at 2006-03-18 23:52
おお!ありがとうございます!

いや~...五郎さんの人柄が出てましたねぇ~

>「情」
ステキな漢字です...
情けは人のためにあらず...
私も、多くの人に「情」を注げる人間になりたいです~~

しかし、かなり誠実な回答...
自分の回答が、なんだか馬鹿らしくなってきました...
Commented by gohonngigoro at 2006-03-19 01:17
バトンを受け取ったはいいけど、おもしろく書けなくて申し訳ないです。
>自分の回答が、なんだか馬鹿らしくなってきました...
krainさんのキャラもあると思うのでそれはそれでいいと思います。
僕は素で答えてしまったので。(苦笑)
Commented by DIVA at 2006-03-20 22:26 x
お待たせ〜。やっと漢字バトンの回答が書けました。
PCからコメント書こうとしたら、日本語入力ができなくなってしまったので、携帯でコメントです(^-^;
私のイメージが優と情…照れ臭いけど嬉しいです。ありがとう。


<< WHITNEY HOUSTON...      ERIC SERRA / LE... >>