2006年 05月 17日
DANIEL POWTER
c0014453_17434871.jpg
DANIEL POWTER / dp (2005Release)
友達にJAMES BLUNTと一緒にCDRに焼いてもらいました。
これもまた良い感じです。
ピアノ弾いて歌う人みたいで、メロディアスでJAMES BLUNTも同じ感じですが、
共通するのはピアノやエレピとかどこか70年代を思わせるのが良いです。
自分はギター弾きなので、鍵盤楽器が入った音楽を聴くと新鮮です。
自分で曲作る時もギターで作るのと、鍵盤で作るのだとまた違った感覚があるみたいで、
近いうちに僕もピアノ、エレピとか使った曲を録音したいと思ってます。
僕の場合、ドラムを叩いて「このリズムで曲作ろうかな?」とか「このリズムは今まで作ってないな〜?」とかリズムで「ビビっ」と来る時があります。
ドラム叩いて曲のイメージが湧いて来ます。
リズムマシンだとノリが機械的で無機質だから、実際に自分で叩いてみるのが僕は好きです。ニュアンスって大事だと思います。
良い曲、良いメロディって、ピアノと歌、ギターと歌だけでも十分力があると思います。
ベースやドラムを入れてアレンジに凝るのはどうとでも自由自在に出来るので、いかに曲の骨格が出来てるかが曲の重要な所だと思います。
こういうアルバムを聴いてると、自分も創作意欲が湧いてきます。
[PR]

by gohonngigoro | 2006-05-17 18:08 | 音楽全般 | Comments(2)
Commented by 240_8 at 2006-05-28 22:05
こんばんは!
goroさんも聴いてましたね~。
私は本日購入。見事にやられました。いいですね~。70年代の香り漂うエレピがなんとも郷愁を誘います。
ヘビーローテーション化してます。
Commented by gohonngigoro at 2006-05-28 22:46
240_8さん、今晩は。
僕も友達が「これ良いよ!」と言うので、CDRに焼いてもらって聴いたら良かったです。


<< 昼ご飯      精神の病 >>