2005年 01月 22日
アメとムチ
人のまだ見ぬ才能を育てるのに、褒められて伸びる人と、叱られて伸びる人がいる。

頭ごなしに叱ってばかりでは、逆に萎縮してしまって、その人の才能を引き出せない。

どんなに出来の悪い人でも、どこか良い所を見つけて、それを褒めてやる。

そうすることによって、人は成長する。

時には、あえて失敗させるのもいい勉強になると思います。

成功ばかりだと、人はうぬぼれて、人を思いやる気持ちが欠落するからだ。
人の身になって考える。

回りに甘えたり、回りが何でもやってくれる、何でも聞いてくれると思ったら大間違いです。
それこそ礼儀知らずの無礼者になってしまいます。

だから、育てる側の人がこいつは褒めれば伸びるか?叱れば伸びるか?の判断ができないと意味がない。

それだけの観察力と洞察力、判断力が身についてないと、到底人の上には立てない。

この世に生まれて、人は目上の人、年下の人、同い年の人、さまざまな状況、環境で人と関わり、人間として育って行く。

時には、意地の張り合い、見栄の張り合いもあります。
ぶつかり合って、傷ついて、辛い思いもする時があります。

それぞれの人との関わり合いで世の中は動き、流れている。

そういう人との関わり合いが上手な人もいれば、苦手な人も中にはいる。

僕はこのような世の中で、この先どれだけの人と関わり、知り合っていけるのか?わかりませんが、こういうブログという時代の賜物に乗って、どれだけの人が僕のブログを見て、感じて、繋がって行けるのか?

たいへん興味があります。

便利な世の中だけど、人の目を見て話せば通じ合える事が、今ではコンピューターに向かって、どこの誰だかよくわからない人と、ヒョンなきっかけで繋がっていくことに、いかに文章で気持ちや相手の心境を読み取ることができるのか?
自分の想いを伝えることができるのか?
お互いの捉え方、解釈の仕方で良くも悪くも取れてしまう。
難しい所もありますが、死ぬまでの間に悟りの境地まで行く為の試練のような気がします。

これは僕の独り言です。
今思っていることを言葉にしました。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-01-22 23:48 | その他 | Comments(2)
Commented by yoshmoco at 2005-01-23 15:37
そうね~。うん。叱って伸びる人。褒めて伸びる人。突き放して伸びる人。
色々よね~。 難しい。
Yoshはね、優しい気持ちで誰とでも接していけたらなぁ~っと思ってる。
PCでも、実際にでも、出逢えた事に感謝して、一人一人大切にしていけたらいいなって。
そう思う。
Commented by gohonngigoro at 2005-01-23 23:52
僕の願望、こういう人になりたいと思ったから、自然と言葉が出て来た感じです。人の巡り合わせって、すごい不思議に思います。
でも僕は人に自慢できるような人間じゃないけど。苦笑
良い人過ぎても、いけないような、時には悪い人と言うのも変だけど、やさしいばかりじゃあ人生上手く渡っていけないのかな〜?って思ったりもします。


<< スモークサーモンと帆立貝柱のク...      ブッシュ大統領就任式 >>