2006年 08月 21日
RY COODER / SHOW TIME (1977)
c0014453_23165382.jpg
RY COODER / SHOW TIME (1977Release)
今夜のBGMです。
「THE DARK END OF THE STREET」の黒人ボーカルの歌入りバージョンでライ・クーダーもエレキギターで弾いてるのがスタジオ録音とはまた違った味わいで良いです。
昨日夜のバイトで店でかけるBGMをボズ・スキャッグスのライブを持って行ってかけてたんですが、そのライブもこのライ・クーダーのライブアルバムと同じサンフランシスコにあるTHE GREAT AMERICAN MUSIC HALLだったので、同じ場所繋がりで聴いてます。
生きてるうちに一度行ってみたいです。
日本人でもステージに上がれるのか?わかりませんが、自分もステージでギター弾けたらな〜?と思います。
こじんまりした場所っぽいです。
きょうは休みでよく寝れました。
寝て1日終わった感じです。
[PR]

by gohonngigoro | 2006-08-21 23:32 | 音楽全般 | Comments(2)
Commented by ka2da at 2006-08-23 22:27
ライクーダー渋いですよね。
アメリカ行ったときずーっと聞いてたので、彼を聞くとアメリカのひたすら同じ何もない景色を思い出します。
ライクーダーとロンウッドのスライドギターが一番好きです。。
Commented by gohonngigoro at 2006-08-24 00:15
ka2daさん、今晩は。
アフリカの黒人が奴隷としてアメリカに渡って生まれたBLUESが、やがて白人が吸収して新たなスタイルが出来たと思うので、奥が深い感じがします。
白人が解釈したBLUESだけど、黒人に限りなく近づいてる感じです。
ロン・ウッドのソロは聴いたことがないので。よくわかりません。(苦笑)
僕もスライドよく弾きます。


<< びっくり      anna tsuchiya >>