2005年 02月 05日
姉貴の子供が登校拒否
僕の姉の子供は男の子三人いるんですが、
真ん中の小学校5年生の子が、冬休み明けから登校拒否でずーっと
学校に行ってないそうです。
姉はもうどうしていいか?ノイローゼになりそうです。

原因がわからないので困り果ててます。

その次男はパソコンを触ってるのが好きで、
一日でもやるような子で、以前は家に学校の友達とか
いっぱい遊びに来たりしてたのが、突然そんな風になって、、、。

実は一番上の子(今中3)が小学校6年の時にも
登校拒否で学校に行かない時期がありました。

長男も5年生までは、友達も多く、みんなから慕われるような
存在だったのが、6年生になって急に学校行きたくないと、、、。

無理矢理学校に行かそうとすると、吐いたりして、
精神的に参ってたようです。

原因を突き詰めると、6年生になった時、新しく担任になった
先生が、50代のおばさん先生で、見た目も野村沙知代
(元阪神タイガース監督夫人)みたいで、、、。
気性もそんな感じで、ガミガミ言う先生で、
口が悪くて評判の先生だったそうです。
6年になって、長男はいきなりその担任に
「このデブ〜!」とかものすごい罵声を浴びせられたそうです。
事実、長男は体格的にも大きくて、太ってたので。

以来その先生が嫌いになり、学校に行きたくないと、、、。

子供はまだ純粋な心の時にそんなこと言われたら、
精神的にものすごいショックを受けると思います。

また、その原因も親にはなかなか言えないと思うし、、、。

クラスの友達や5年生の時の担任の先生とか、
心配して家までよく来てくれたりしたそうです。

家にいると普通に生活してるのに、いざ学校行きなさいと、
言われると、吐きまくったそうです。

病院にも連れて行ったり、、、。

結局、長男は転校したら、治りました。

その分家族も子供の通う学区の違う所に引っ越しました。

家族にしたら、大事です。

その長男は正確もやさしくて本当に良い子で、
体格もいいので中学に入ってから
柔道を始めて、今では黒帯も取って、
柔道の強い高校に誘われて行くそうです。

生前僕の父も姉の長男に「がんばれ!がんばれ!」とよく
応援してました。

父が亡くなって、初七日の法要をやってる時、
その長男は、和尚さんがお経あげてる横のソファーに
「おじいちゃんが座ってた〜!」
と終わってから言ってました。
気配がしたんだと思います。

僕の父も家族みんな集まって、気になって見てたんだと思います。

長男が中3になってから、僕が盆・正月とかに実家に帰ると、
ギター持って帰ったりするので、姉家族も来ると、
長男も僕がギター弾いたりするのを見て、
自分もやりたくなったみたいで、小遣い貯めて中古の
エレキギターを買いました。
アンプは実家の押し入れに昔僕が使ってた古いアンプがあったので
あげました。喜んでました。

今では携帯のメールで、ギターについて質問メールがよく来ます。
五郎おじさん!五郎おじさん!と言われると、
仕事で忙しくても、つい丁寧に返信してます。

次男の登校拒否が原因がわからないので、まずそれを究明しないと
いけません。

僕の母もよく、姉の家に行ったりするので、心配してます。

同じように子供が登校拒否の親の人の意見が聞きたいです。
みんなどうしてるんでしょうか?
[PR]

by gohonngigoro | 2005-02-05 15:09 | その他 | Comments(3)
Commented by tirol-pri at 2005-02-05 19:51
初めまして。トラックバックさせていただきました。
私も甥っ子さんと同じように小学生のときに登校拒否になりました。
担任の先生が理由です。
私の場合、親にも本当の理由を打ち明けられなくて
本当に辛かったです。
10年以上経った今でもトラウマですから。
Commented by gohonngigoro at 2005-02-05 20:15
でも今こうやって打ち明けて話せるだけ、
人間的に自分は成長したんだと思っていければ、
人生もっと上手く生きて行けると思います。
良い教訓だと思って、、、。
いつか自分に子供ができた時に、少しでも子供に身になって考えれる大人になりましょうね!お互いに、、、。(笑顔)

Commented by gohonngigoro at 2005-02-05 23:30
追記)小学校や中学校くらいの子供は担任を一度嫌いになると、1年間嫌でも授業受けないといけないのが子供にしてみたら、ものすごい苦痛だと思います。義務教育だし、子供も先生も授業が遅れると困るし、時は過ぎてくし、、、。
それだけ、学校の先生が与える子供への第一印象って重要のように思います。何が原因でいつそうやって嫌いになって、学校に行きたがらないかわからないので。
子供の目線で考えれる先生や親がそれを気づいてやらないといけないと思います。


<< ブルーマンデー症候群      フランク・マリノ&マホガニー・... >>