2007年 12月 23日
久しぶりの大阪
一昨日21日未明に大阪の高槻にいる昔東京で僕と一緒にサードストーンってバンドやってたベースのいっつぁんの所に遊びに行って来ました。
21日夜にいっつぁんの店で「天野SHO」さんという関西ミュージシャンの間では重鎮と呼ばれてるベーシスト&ボーカルのソロライブがあるので、いっつぁんから前から「ギター持って遊びに来れば?」と言われてたので。
飛び入りでジャムセッションして来ました。
天野SHOさんは、上田正樹や桑名正博、BORO、憂歌団よりも先輩で僕の年くらいのキャリアがある大ベテランで。
でも当日リハーサルで初対面だったけど、フランクに接してもらって、「何が出来る?何が好き?」と聞かれて、ジミヘンの「リトル・ウィング」とビートルズの「ヒア・カム・ザ・サン」とか2曲ほど合わせて、いざ本番で。
ライブは2ステージあって、1ステージ始まったら僕はカウンターで見てました。
飛び入りセッションといっても、精々1曲くらいか?と思ったら、後半に呼ばれて2曲セッションしました。
最初はSHOさんが「Eのブルースで!」と言って始まったら、「BEFORE YOU ACCUSE ME」でした。クラプトンやCCRもやってるブルースの曲でオリジナルは誰が歌ってるのか?わかりません。
その次は古くはルイ・ジョーダン、クラプトンがデレク&ドミノスでやった「NOBODY KNOWS YOU WHEN YOU'RE DOWN AND OUT」を合わせました。
この曲が終わって1ステージ目終了で休憩で。
2ステージ目にはSHOさんと一緒にライブ活動してる「あらい舞」さんという中森明菜や西城秀樹とかに曲を提供したり、河島英五のバックバンドでピアノ弾いてた人が1曲飛び入りで歌って。
2ステージ目はもう僕は呼ばれないと思ってたら、後半に再び呼ばれてまた2曲セッションしました。
知らない曲だったけど、循環コードだったので思うままにギター弾きました。
ライブが終わって、SHOさんが僕に握手して来て
「ありがとう!楽しかったよ!来年春頃岐阜にライブに行くので、その時呼ぶから!」と言われました。
SHOさんにものすごく気に入ってもらえたみたいで僕も嬉しかったし、光栄でした。
いっつぁんが「普段SHOさんとセッションする人って、精々1〜2曲なのに4曲も合わせてもらうなんて珍しいよ!羨ましい!」と言ってました。
しばらく左足首の靭帯切ってずっと家にばかりいたので、良い気晴らしになりました。
良い出会いもあって、大阪行って良かったです。
c0014453_16565366.jpg
[PR]

by gohonngigoro | 2007-12-23 17:02 | 音楽全般 | Comments(0)


<< 大掃除      エキサイトブログ始めて3周年です。 >>