2005年 03月 01日
ランディ・ローズ
c0014453_62455.jpg
久しぶりにオジー・オズボーンの「トリビュート」を聴きました。1987年リリース。
ランディー・ローズという類い稀なギタリストが飛行機事故で25歳の若さで亡くなって早23年、、、。
オジーも片時もランディーのことを忘れたことはないでしょう。
少女漫画に出てきそうなルックスなのに、ギターはものすごく激情型でドラマチックなソロを弾きます。プライベートでは常にクラッシックギターを弾き、アール・クルーとかも聴いていたそうで。ランディーは片足が不自由だったのと、片耳があまり聞こえてなかったと聞きました。だから、ギターサウンドも結構トレブリーだったのか?と思います。ランディーは結局日本の地を踏むことはありませんでした。ランディーがギターを弾く映像も少なく、唯一このランディー在籍時のライブでしか、実際のライブ演奏を聴くことができません。だから、とても貴重なアルバムです。

c0014453_623732.jpg
あとオジーがソロ名義で出した1st「ブリザード・オブ・オズ」1980年リリース。
これは中学、高校時代の頃によくギターでコピーしました。
ランディーのギターサウンドもちょっとフランジャーがかかったような音で。
ランディー亡きあと、歴代ギタリストも自分の個性も出しつつ、ランディーの弾いたフレーズを壊さないように、弾くのもたいへんだったと思いますが、歴代のギタリストはランディーのソロを弾けることを光栄に思って弾いてきたと思います。ジェイク・E・リーもザック・ワイルドも、みんなランディーのファンであっただろうし、尊敬していたので。
c0014453_636889.jpg

[PR]

by gohonngigoro | 2005-03-01 06:37 | 音楽全般 | Comments(2)
Commented by 240_8 at 2007-03-21 00:09
ご無沙汰です!!
19日はランディの命日でしたね。
それにあわせて今月のギターマガジンはランディが表紙でびっくりです。
なんとランディの母親のインタビュー記事が・・・。
結構興味深いですよ。

記事TBさせて頂きました。

(GOROさんはミクシィと記事リンクさせてないんですね)
Commented by gohonngigoro at 2007-03-21 23:45
240_8さん、お久しぶりです。
最近エキサイトブログでTBしてないからやり方忘れてしまいました。(苦笑)
僕はmixiとリンクしてないです。
僕も2年前の記事ですがTBさせてもらいました。


<< 泣きのギター ゲイリー・ムーア篇      発売から30年以上の変わらぬ味 >>