カテゴリ:その他( 458 )

2005年 01月 11日
引かれたレール
僕の仕事はイベントホールの管理なので、先週金曜からきのうまで地元の老舗の呉服屋さんの振袖展示販売会がありました。大きな多目的ホールにどーんと畳を400枚くらい敷いて、女の子が成人式で着るきらびやかな振袖が多数並び、たくさんの親子が買いに来てました。1月は着物屋さんにとっては1年の中で一番忙しいそうです。

地元のその老舗の呉服屋さんの社長も、先代から続いてる家業を受け継いでやられている若い社長さんです。とても気さくな方で社長自ら、設営準備、接客販売していて、すごいできた人だと思いました。

ふと思いました。世の中さまざまな仕事をしてる人がいて、その中で自分の家が商売していて、家業を継ぐ人は偉いな〜と思いました。

親が、もしくは先祖代々に渡っているような家業の家は、いつの間にか引かれたレールがあって、成人したらその跡を必然的に継いでいかなきゃならないのも、たいへんだと思います。
子供の頃から親が目の前で仕事してるのを見て育ち、思春期位にはそういう家の仕事をいずれ自分は継がなければいけないと自覚した時、もしも他に好きなことや、やりたいことがあったら、反抗したり、愚れたりしたと思います。

そうやって親がやっている家業を毛嫌いしても、いつか親が亡くなったりした時、長男だったりすると必然的に引き継がないといけない状況になって。

僕の家も昔、商売していました。鶏肉屋でその後惣菜もやっていました。でも僕が小学校6年の時、家の商売が倒産して、家族みんなで夜逃げをしました。
まさか自分の家がそんなことになるとは夢にも思いませんでした。

その後の僕ら家族はいろんな土地に流れ流れて、、、。

僕も社会人になって、もう大分経ちました。
もしも家の商売が倒産しなかったら、うちは兄弟が3人で兄、姉、僕と3人なので、兄もしくは僕が家の商売を継いでいたのかな〜?と思ったりします。

ほんと人生いろいろです。どこでどうなるかわかりません。

親が引いたレールに乗る人生もあれば、自分でレールを切り開いて行かなければいけない人生。

金持ちに生まれたもの、貧乏な家に生まれたもの、さまざまな家庭環境の中、人はこの世に生まれ、そして自分が本当に好きなもの、やりたいことを早く見つけ、それに向かって努力をし、夢がかなうものもいれば、夢破れるもの、いろんな人、いろんな人生があります。

一つのものをやり続ける努力、勇気、また失敗した時に自分がどれだけ軌道修正して立ち直ることができるか?
人の人生山あり谷あり、起承転結はあると思うので、自分も早く本当にこれだと思えるものを見つけたいと思う今日この頃です。
と言っても僕もいい年ですが。(笑)
[PR]

by gohonngigoro | 2005-01-11 12:40 | その他 | Comments(0)
2005年 01月 10日
ちょっとびっくり
きょうの未明に書いた自分のブログ、いつもなら5、6人訪問者が見るくらいだったのに15人も見た人がいて、ちょっとびっくりです。
学もない自分が今思ってることを、堅いテーマで書いてたら、いろんなことが頭を駆け巡り書いたけど、途中自分のパソコンが急にアプリケーションエラーです!再起動して下さいと出て、それまで書いてたものが突然全部消えてしまって、再度思い出しながら書いたので、よくまとまってませんでした。
見た人で何かコメント書いてくれると、ありがたいです。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-01-10 23:46 | その他 | Comments(2)
2005年 01月 10日
個人主義と多様化の時代
昨日の朝、何げにテレビを見てたら、昨年大晦日の紅白の視聴率が40%を切ったとやってました。昔は歌謡曲という枠で国民のどの世代にも好まれた歌があったけど、今では世代によって聴く音楽もさまざまで、とても一つの括りでは収まりきれないほど多様化、細分化されてるのでしょうがないと思います。
若い10代〜20代はラップやパンク系、30〜40代はポップス/ロック、50〜80代は演歌、みたいに。でも今の60代なったくらいは団塊の世代は60年代の高度成長時代に青春を謳歌してたので、ちょうどアメリカからロックやフォーク、イギリスからはビートルズとか聴いてた世代なので、すべてが演歌を聴く世代とは限りませんが。今のレコード会社の社長クラスって、このくらいの年代だと思うので。
最近はもうちょっと若くなったかな?

人が好むものがどんどん細分化してるので、ちょっと前みたいに音楽もCDが200万枚とかは、もう売れない時代になると思います。

無感動、無感情、無関心、そんな時代に流れてるんだと思います。

昔は会社も学校も団体行動で、戦前の軍国主義の名残りだと思うけど、終身雇用が当たり前で、それが崩壊して、今では街にはフリーターが増え、40年前の高度成長期の時代の頃とは明らかに時代背景が違うのでしょうがないです。
学校も昔は先生が竹の棒で子供を叩いて叱ったりしてたけど、今なら親が学校に怒鳴り込んだりして、教育委員会とかたいへんです。
親が家での育て方が甘やかし過ぎてるのかも知れません。「子供には自由にすくすく育ってほしい」と願っていても、家でのしつけを親がちゃんとやらないと、不作法で礼儀知らずな子供になってしまうので。学校の先生にすべて任せるのもよくないと思います。家でも人として教育しないと。言葉使いもそうです。
目上の人には丁寧語で話すとか。ちゃんとさん付けで呼ぶとか。言葉がすごく乱れてる気がします。
そういう子供を学校の先生が対応できない。昔みたいに熱血先生がいないのかも知れません。気難しい子供とか、まるで腫れ物を触るように対応するから、すぐ切れる子供が出て来るんだと思います。
ここ20年位の間に子供が外で遊ばなくなってきて、家でテレビゲームやパソコンとかをやるようになって、人と関わるのが下手な子供が増え、それが段々大きくなった時、いわゆるオタクという人間が形成されて、片寄ったものの見方、考え方の人間が増え、身体は大人でも精神年令は子供のままとか。そういう人間がいつか、幼児誘拐や殺人を起こし、昔みたいに子供が外で遊ぶことができなくなったのと、それを不安に思う親がいっぱい増えたのはなんと悲しい限りです。
個人主義がもたらした、時代の流れに添った、答えのような気がします。
時代が作り出したもの。
恐い世の中になりました。

街中や電車の中でけんかが始まっても、止めようとはせず、見て見ぬふりをする。あえて関わると自分がけがするかも知れないとか、アパートやマンションとかでも隣とか近所付き合いができないとか、隣に住んでる人がどんな人か見たことないとか。
人と関わることがどんどん下手な日本人になっていくのがちょっと恐いです。
無関心になって、個を大事にするのもどうか?と。

一般家庭も、40年位前は夫が仕事をして、妻が子育てと家事をして、子供も3人くらいいるのが当たり前でした。
確か?年金制度が始まった1961年くらいって、サラリーマンの平均月収が2、3万で、年金も月々100円だったと、前にテレビで見たような気がします。
今は夫婦共稼ぎでやっと、子供1人、2人養うのが精一杯で。
女性の一生で生む出産率もどんどん下がって。それだけ女性が自立して社会に進出して、キャリアウーマンが増えて、婚期が遅れたのもあると思いますが。

おいしい思いをしてるのは政治家と公務員くらいだと思います。
普通の会社員は残業代やボーナスもカットされたり、たいへんな思いしてるのに。。。年金もあてにならない世の中だから、自分の身は自分で守っていくしかないんだと。なんて生きにくい世の中なんだろうと思います。

昔の政治家が国民の税金を湯水のように、わけのわからん施設建てたり、使いまくったおかげで、年金制度が崩壊して、あとを任された今の政治家ではどうにもできない状態だし。誰が総理大臣をやっても、変わらないと思うし。これは国民のほとんどが思ってると思います。
所詮、政治家なんて、自分の国(出身地)に錦を飾りたいだけで、ここ15年で何人総理大臣が変わったかわからないくらいです。
自民党の人達で回すのも、「次お前もやっとくか?」みたいな感じで。
国民の体質がどんどん、政治に無関心になる原因です。

個人主義で多様化の時代によって、この国は一体どうなるのか?不安になる今日この頃です。

自分で書いてて、話が飛躍し過ぎてわけわからなくなりました。すまん!

つい最近久しぶりに、正月明けにアサヒ芸能を買ったら、ぽっぽや書いた浅田次郎が男の引き際ってタイトルでエッセイが載ってて、江戸時代が同じ主権者による政治体制で260年もの間続いたのは、15歳で社会人になり、20歳位で結婚して、子供を作り、40歳で隠居して子供が成人したら家督を相続させて、老後を好きなことをするという流れができた良い時代とか書いてあった。
そんな時代を見習いたいと。
なるほど〜と思ったけど、今の僕にはもう手後れです。残念〜!!
[PR]

by gohonngigoro | 2005-01-10 02:03 | その他 | Comments(1)
2005年 01月 08日
旧友
僕はもう、ここ15年位はがきで年賀状を書いていない。最近は携帯電話やパソコンのメールで済ましているので。
東京に住んでた頃、一緒にバンドやってたボーカルにパソコンであけおめメールを送信したら、後日返信してきた。彼とは年に一度、あけおめメールで近況をお互いに報告し合っている。バンドが解散して、もう丸10年になります。
しばらく音信不通になってた時もあったけど、ボーカルとは3、4年前からこんな感じです。
月日が経って、自分達もおっさんになって、親が死んだり、弱ったり、時の流れを受け入れるしかないとお互い言い聞かせてます。
僕は東京を離れて、もう丸7年経ちました。この7年は本当にあっという間でした。
「こんな田舎で俺は何をしてるんだ?」と思いながら、無惨にも時間ばかりが過ぎて、惰性でここまで来てしまった感じです。田舎に住んでて刺激がないのもあると思います。
もっと器用に生きていたいけど、不器用なのでなかなか今の状態を打破できません。
僕みたいな人は世間にはいっぱいいると思います。
人生の岐路に立たされた時、右に行くか?左に行くか?でその後の自分の人生を大きく左右するようなターニング・ポイントは誰でもあると思います。
僕はその時の判断で、すっかり裏街道を行ってる感じです。
僕の兄のように、その時その時の回りの状況でカメレオンのように様変わりできれば、もうちょっとマシな道が開けるのに。

でも今の僕がいるのも人の出会いやきっかけで、流れ流れて今住んでる所にいるわけで、なるべくしてそうなったと思います。神様からの試練と思ってます。
でなかったら、僕はとっくにこの世にはいなかったかも知れません。
今いる場所でなんとか自分の精神状態を落ち着かせることができたので、こうやってブログに書いたりできて、ある意味こういう時間も必要だったのかも知れません。

きのう、ふと寝る前に思ったのが、年末年始実家に帰って、そういえば僕は高校を出てから、ずっと一人暮らしで考えたら人生の半分を一人で住んでいたんだと思ったら、とてつもない時間に思えました。その間に恋愛してた期間もありますが。
生まれてから高校を出るまでの年月はものすごい長く感じたけど、一人暮らしをしだしてからは時間が早く感じます。
また東京でバンドをやってた年月も実質5年も満たないのに、すごく長いことやってたように思えます。
人は何かに没頭したり、好きなことをやってる時は時間の感覚がわずかな時間でも密度が濃いから、長く感じるのかも知れません。
恋愛とかもそう思います。付き合いが短い期間の事でも今でも鮮明に覚えているのとか。
東京から田舎に来たばかりの頃、田舎での時間がものすごくゆっくり流れてる感じがしました。それだけ東京は目まぐるしく動いてる、まさに眠らない街だったのかも知れません。
高速道路が東京なら田舎は一般道路みたいな感覚です。
あっという間の出来事だったように思えます。
目標や生き甲斐を見失ったままだと、ただ時間だけが刻々と過ぎて行きます。
昔一緒にバンドやってた仲間(旧友)もそう感じているかも知れません。
輝いてたあの日 色褪せた写真 DON'T LOOK BACKと叫びながら、、、。
現実を受け止めながら、前を向いて生きてくしか術はありません。
いつかまた再び光が見えるかも知れないので、それを信じて、、、、。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-01-08 22:06 | その他 | Comments(0)
2005年 01月 07日
三者三様
年末実家に久し振り兄弟三人揃いました。去年の6月の父の1周忌法要以来でした。
三人とも離れた所に住んでるので、会うのは年に1、2回って所です。長男の兄貴は頭も良く、しっかり物で経済的にも頼れる兄貴です。でも恐い所というかクール過ぎる所もあります。父親も自慢の息子だったので。長女のおねえはマシンガンのように話し出すと止まらない、電話でも一方的に自分だけ用件を話して、「ガシャッ」と切るような性格です。親にとっては一番心配な娘です。末っ子で次男の僕は自分で言うのも変ですが、兄弟の中で一番性格的にやさしいと思います。兄貴のように経済的には恵まれてないけど、人当たりは良いと思います。久し振りに実家で母親と兄弟三人集まると、如実に兄弟の性格って、三者三様だな〜と思いました。母親は三人の中で僕が一番話しやすいと言ってました。金銭的なことは兄貴、僕は金銭ではできない思いやりというか、実家で母の代わりに掃除や料理してやったり、車で母を乗せてドライブしたり。母親は僕だけまだ独りもんだから、「正月に彼女でも連れて来てくれたらな〜」なんて言ってました。それを言われると辛いですが。兄貴は出来が良くて、弟は出来が悪いけど、兄貴より人としてのやさしさや思いやりは僕のがあると思います。生前父は僕のことを、「やさしいこと言ってくれるから憎めない」と言ってました。僕も過去に親を心配させるようなことをしてたので。今もかも知れません。
でも世間では僕ら兄弟のようではないパターンもあるので、なんとも言えないです。
長男が出来が悪くて、次男が出来が良いとか、兄弟全員良い子ばかりとか。
親が思った通りに子供がすくすく育ってもらえれば、安心するんだろうけど、人はなかなかそうはいかないですから。難しいです。
人の人生で親孝行もそうだけど、良いこと、悪いこと、いろいろあるけど、いつか自分が死ぬ時、プラスマイナス、ゼロになれれば本望です。
[PR]

by gohonngigoro | 2005-01-07 22:17 | その他 | Comments(0)
2004年 12月 27日
帰郷
今夜車で伊豆の実家に帰ります。年末、東京から兄貴家族も来るみたいだし。
東名上り混んでるかな〜?ゆっくり安全運転で帰ろうと思います。
でもこっちは安全運転してても、追突やもらい事故に巻き込まれないようにしないと。年明けのUターンラッシュは3日みたいなので、岐阜に戻って来る時は大渋滞かも。。。これで今年のブログの書き込みもちょいの間お休みです。
年明け何件僕のブログ見に来たか、楽しみです。暇な人はコメントでも書き込んで下さい。
[PR]

by gohonngigoro | 2004-12-27 18:32 | その他 | Comments(2)
2004年 12月 23日
ブログについて
ブログ
先週からブログというものを始めて、すっかり夢中になってます。それまでの僕はあまりネットを見るものなんて、かなり限定されたものしか見なかったんですが、ブログ?トラックバック?何それ?って感じで半信半疑でした。もう結構前からあるんですよね?ちょっと自分は時代に取り残されてる気がして。
他の人のブログ見るとすごい凝ってて、お〜すげ〜って感じで、みなさんほんといろんなこと書いてて、感心してました。
実際にマイブログを作ってみると、簡単に作れて、画像やお気に入りのCD,DVD,本とか載せることができて驚いてます。自分が今思ってること、疑問に思ってること、自分の好きなものについて書き出したら、もう止まりません。
中毒のように何か書くことないかな〜と。これも時代の賜物なのかなと。知らない誰かがブログを見て、何かコメントしてくる。まあ今はまだ書き込んで来る人はいないけど、僕はこれはこれで楽しんでいろいろ書いてます。これを見た人でよければ、何か書き込んで下さい。
マイブログのカテゴリでいろいろ書き込んでるので。
[PR]

by gohonngigoro | 2004-12-23 01:49 | その他 | Comments(0)
2004年 12月 17日
自分のルーツ
最近、僕の兄貴が祖先の祭ってある神社に行って家系を辿ったら、祖祖祖祖父までわかりました。自分のルーツというか、祖父より前の祖先がどういう流れだったのか、今までよくわからなかった事が少しずつわかってきました。およそ200年前くらいまでの事までわかって。元々は名字が違っていて、今の名字の家系が絶家しそうになったのを、養子になって継いだそうです。すごいドラマチックです。家系的にはすごく複雑なのでとても興味深いです。
祖祖祖父の誕生日や亡くなった日までわかったので驚きです。天保12年って?江戸時代だし。この世もこうやって森羅万象、続いてきたんだなと。
先祖に感謝!
c0014453_2462934.jpg
[PR]

by gohonngigoro | 2004-12-17 02:48 | その他 | Comments(3)