<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2011年 11月 27日
マーティー・ブレイシー&伊藤広規セッション
昨日、京都祇園pick upまでマーティー(Dr)と伊藤広規さん(B)のセッションライブに僕もギターで参加して来ました。
広規さんのお顔は存知あげてなかったんですが、セッションしたら「五郎ちゃん、いいねぇ!」と褒めてもらいました。
クロスロード(クリーム)、パープル・ヘイズ(ジミ・ヘンドリックス)、ピープル・ゲット・レディ(カーティス・メイフィールド)とかほかにもいろいろセッションして、最後に広規さんが弾いてる山下達郎のクリスマス・イブを本人ベースで一緒にセッション出来て、自分的にめちゃくちゃ感動しました。
広規さんは35年以上のプロベーシストのキャリアがあって、山下達郎やB'zやら福山雅治とかトップアーティストのバックでベース弾いてるすごい方で。
で、ドラムがマーティーで。笑

お金には変えられない、良い経験をさせてもらって光栄です。

c0014453_22504826.jpg
c0014453_22502125.jpg

[PR]

by gohonngigoro | 2011-11-27 22:51 | Comments(2)
2011年 11月 22日
Birthday
先週18日、誕生日でした。
翌日19日は僕とノブのAroma Trapで柳津カフェシエスタでライブでした。
今回もリクエストもらいました。
各テーブルに僕らのレパートリーリスト(50曲くらい)が書いてあるファイルをメニューと一緒に置いてもらって、お客さんがリクエストカードに演奏してほしい曲を書いて出してくれるという。

前半6曲、後半7曲のリクエストもらいました。
仕舞には口頭でリクエストもらったりしました。笑

全22曲中、13曲がリクエスト曲でした。
現代版の流しです。
アース、ウィンド、&ファイヤーのセプテンバーから、いきものがかりのありがとうまで、幅広い選曲でした。

リクエストもらう僕らは、どんな曲がリクエスト来るか?わからないのでドキドキです。
で、リクエストカード見て、直前にフレーズの確認して演奏しました。笑

ライブの最後にシエスタのたかちゃんから、サプライズでバースデーケーキ出してもらって、お客さん全員にハッピーバースデートゥーユー歌ってもらいました。
嬉しかったです。

いつもみんなに良くしてもらって愛されてると思いました。

感謝です。

ありがとう。


c0014453_14135765.jpg

[PR]

by gohonngigoro | 2011-11-22 14:14 | Comments(0)
2011年 11月 10日
時は流れ
11月に入って、京都と愛知県稲沢市でライブがありました。
11月3日は、いつも行ってる祇園pick up主催のライブイベント、Festival Of The Life vol.6が京都VOX HALLで行われて、2バンドかけもちで出演しました。

お客さんも160人くらい入ったそうで、すごく盛り上がりました。

11月5日は、愛知県稲沢市のリーフウォーク(アピタ)内の特設ステージで、稲沢ロックフェスティバルvol.2というのがあって、@Daddyもベースにリュウキ、ドラムにヒロをサポートで入ってもらってバンドでライブでした。
あいにく雨降りでしたが、そんな悪天候にも関わらず、観に来てくれたお客さんには感謝です。

c0014453_045444.jpg
c0014453_04688.jpg
c0014453_033566.jpg
c0014453_025674.jpg
c0014453_024319.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今月初め2日に東京の兄貴から、母親が入院したと連絡があり、おととい月曜と昨日火曜7~8日と東京まで車で見舞いに行きました。

先月半ばに風邪をひいて、食事も食べれなくなり、薬も飲めなくなり、脱水症状になって。
78歳でパーキンソン病で。

入院して点滴だけしてます。
入院が長引きそうです。
退院出来ても、要介護5に認定されたので、完全介護の老人ホームに入れるにも、空き待ちの状態なので、家で介護してやらないといけません。

でも介護ヘルパーさんは食事をさせるのと薬を飲ませるくらいなので、付きっきりではないので、誰かがそばに付いててやらないといけません。

容態が良くなっても、流動食やゼリーとか食べさせるにも、誤嚥するかも知れないので、誤嚥して食べたものが肺に入ると肺炎になる可能性もあるので。

母親は口を開けて寝てるので、口の中や唇が乾いてしまって、タンの吸引を看護婦さんがするにも、タンが乾いて固くなって吸引しにくいと言ってました。

おとといの夜、兄貴が仕事から帰って来て、母親の遺影になりそうな写真を二人で探しました。

考えたくないけど、もしもの事に備えてですが、辛いです。

写真を探してる時に、僕ら兄弟の子供の頃の写真や、おじいさん、おばあさん、おとう、おかあとか家族の昔の写真があって、兄貴と二人でこれはいついつの時のだ!とか昔を懐かしみながら見入ってたら、結構な時間が経ちました。

つくづく家族って良いなぁとしみじみ思いました。

今は母親も病院で点滴をしながら寝てるだけなので、容態は変わりません。

でも、刻々と命が残り少なくなってるのがわかります。

まだ意識はあって、僕が見舞いに行ったら、僕が来たのはわかってくれました。

でも話すことは出来ません。

僕は、母親のおでこや頬に手をやり、母親のぬくもりを感じました。

岐阜から東京は離れてるので、最期を看取ることが出来ないかも知れないと思ったので。

親子のテレパシーで通じ合ってるので、おかあも僕の気持ちをわかってくれてると思います。

大した親孝行も出来なくて、申し訳なく思います。

退院出来たら、一週間でも母親と一緒に過ごしてやろうと思います。

兄貴もそうしてやってくれと言いました。

僕は三人兄弟の末っ子なので、一番甘やかされて育ちました。

もう少し、おかあちゃんが長生きしてくれるように神様にお願いしました。
[PR]

by gohonngigoro | 2011-11-10 00:27 | Comments(0)